PCR検査 4割が残念!?

今話題になっているキーワード、PCR検査 4割に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

PCR検査 4割が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

PCR検査 4割についてのニュース記事

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、感染の有無を調べるPCR検査を増やす取り組みが進んでいる。

【図解】PCR検査の主な流れ

政府が1日2万件の検査能力を目標に掲げ、可能検査数は約1万3000件に増えたが、実施は最大約8000件にとどまる。実施数が増えない要因となっている保健所への業務集中を改善するため、地域医師会や民間会社を通じた検査が進められ、「ドライブスルー方式」などを採用する自治体も増えている。

厚生労働省が定めた従来の手順では、一定の発熱などが続く場合、主に保健所に設置した相談センターに電話し、「帰国者・接触者外来」を受診する。採取検体は保健所を通じ、地方衛生研究所で検査される。

しかし、窓口の保健所には電話が殺到してパンク状態で、検査を受けられないとの訴えが後を絶たない。感染者が全国最多の東京都は特に深刻で、都医師会の尾崎治夫会長は「保健所は少ない人数で精いっぱいやっているが、感染者の増加スピードに業務が追い付かず、機能不全だ」と嘆く。地衛研の検査能力にも余裕はなく、検査数は伸び悩んでいる。

このため厚労省は15日、地域の医師会が運営し、検査を担う「地域外来・検査センター」の設置を認めるよう都道府県に通知した。同センターは保健所を介さず、かかりつけ医から連絡を受け検体を採取し、検査は民間会社に委託する。都内では同センターが最大50カ所近く設置される可能性があるという。

一部自治体では、車を降りずに検査を受けるドライブスルー方式の採用を開始。病院内と異なり、患者ごとに換気や消毒を行う必要がなく、短時間で済むため医療機関の負担減にもなる。

15日から実施している奈良県の担当者は「1人10~20分で終わり効率的。検査は民間会社に依頼し、保健所の負担も減る」と意義を説明する。厚労省も同方式の容認に転じ、大阪府、宮城県など導入する自治体が相次いでいる。神奈川県横須賀市は、ボックス内から手袋をした手だけを出して検体を採取する「ウォークスルー方式」の検査を24日から実施する。

政府の専門家会議は22日、保健所の負担減のため、地域医師会による外来・検査センターの設置や民間検査会社のさらなる活用を提言。厚労省幹部は「1日2万件の目標は速やかに達成したいが、現状の検査体制でも、地域の医師会などの協力を得て検査数を伸ばしたい」と話している。

 

ふむふむ・・・

PCR検査 4割について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

PCR検査 4割についての世間の反応

どこの誰がボトルネックで検査数が増えないのか、はっきり国民に知らしめてほしい。それがマスメディアの役割。同じこと繰り返し繰り返し同じ人呼んで、番組つくってても、何の役にも立たない!

なんかここ数日、保健所もパンク状態だから検査できないし、検査してくれと電話する人が殺到してて電話する奴が悪いみたいな記事やコメントを何個か読みました

件数が伸びない原因の徹底的な精査、検証を並行しながら進めてもらいたい。従事者の不足か、運搬要員の不足、キットの不足、増幅検査機器の不足、運用体制そのものの不備…、複合的な原因とは思うが、もう待ったなしの感染状況。検査需要に耐える体制の1日も早い構築を願います。

同じ問題がずっと指摘され続けている。
根本原因はなんなのか?
ワイドショーでも報道番組でも取り上げられるがそこに呼ばれた専門家らしき人たちも明確に答えられない。
報道機関で取材、調査して、国民に報道してほしい。
文春さん、ゴシップだけじゃなくこういうのもしっかりあばいてくれませんか。

東京のPCR検査の陽性率が35%程度に上昇したそうだ。とんでもない数値と思う。もう都内にかなりの感染者が出ていると見て間違いない。検査数が目標の4割となっているが、これはいつの時点の目標なのだろうか?現時点では、この目標は全然足りないのではないか?これから、感染を知らない人達が日本中動き回って、感染者を増やすのが怖ろしい。安倍政権の医療専門家チームの完全な初動のポカと言ってよいだろう。

1月の当初から日本のPCR検査を抑制していることに非難が出て、厚労大臣は何回も検査数拡大を明言しても一向に増加せず、首相も増加指示しても改善成果は出ていない。

最近は、そもそも検査が出来ない人が多いという情報を耳にします。症状が出てるのに検査できていない人がいるとも聞きました。やはりこの件に付いてはちゃんと説明してもらわないといけませんね...
もし検査数を抑制しているのであれば、大変な事になりますね。

厚生労働省、保健所に頼る体制では駄目なのでは。民間検査やPCR以外の検査法を使う必要があると思う。厚生労働省の官僚が、邪魔しているのかな?官邸主導も機能せず、アベノマスクだからね。もう、日本はどうなるのか。。。

かかりつけ医の要請でも検査を受けられる体制するという事で今後伸びはするでしょう ただ個人的には保健所の職員が、感染の疑いのある患者の受け入れ先を見つけるために2時間以上も電話をかけ続けている状況を流していたニュースに、「これって職員でなければできない作業なのかな」と感じた
電話相談は知識や経験も必要ですが、受け入れ先を探す事は応援の人員でも可能かと思います。 長期戦になる事は確定していますので指揮を取る人は、足元だけではなく全体を見て行動してもらいたいと思います
検査実施も予定の4割と言っていますが、検査技師が休みなく、残業しての件数を会社は出していませんか? 検査作業自体、集中力を維持し続ける事が求められますので現場がつぶれる可能性も危惧してほしいと思います
緊急事態ではありますが、それを理由に被害者は増やさないでほしいです

色々言い訳してるけどさ、結局は今までオリンピック優先で検査数を抑制し、意図的に感染者数を抑えてきたツケが今になって現場に回ってきているだけだろ。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.