NY原油 史上初マイナスが残念!?

今話題になっているキーワード、NY原油 史上初マイナスに関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

NY原油 史上初マイナスが話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

NY原油 史上初マイナスについてのニュース記事

21日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、1ドル=107円台後半の比較的狭い値幅で推移している。午前9時現在、107円67~67銭と前日(午後5時、107円69~70銭)比02銭の小幅ドル安・円高。
ニューヨーク商業取引所で原油先物相場が史上初めてマイナス価格での取引となったのを受け、リスク回避でドルが買われた海外市場を引き継ぎ、107円60銭台で始まった。その後、トランプ米大統領が戦略的原油備蓄を積み増すと発言したのを機に原油先物に買い戻しが入り、米株先物が持ち直したのを眺めて一時107円70銭台へ小幅上昇した。
本日は重要行事や市場を左右する経済指標の発表が予定されていないため、「原油価格や内外の株・長期金利をにらんだ動き」(FX業者)となる見通し。
新型コロナウイルスの感染拡大で、世界の経済・社会活動に関する先行き不透明感が依然強い。そうした状況に加え、金融機関などで在宅勤務が広がって「持ち高を積み上げるのを控える市場参加者が多い」(外為仲介業者)ことから、1日を通じて低調な取引となる可能性もある。
ユーロは対円、対ドルとも前日比で小動き。午前9時現在、1ユーロ=116円97~98銭(前日午後5時、117円05~05銭)、対ドルでは1.0863~0864ドル(同1.0867~0868ドル)。

 

ふむふむ・・・

NY原油 史上初マイナスについて、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

NY原油 史上初マイナスについての世間の反応

コメント受付中

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.