奥野病院 新型出生前診断(NIPT)

NIPT(新型出生前診断)の無認可/認可外で大失敗!?後悔する前に。

35歳の年齢制限がある為、無認可/認可外NIPT(新型出生前診断)での受診を考えている方に読んでいただきたい内容です。

 

NIPT(新型出生前診断)を受けるクリニックを選ぶポイントは2つあります。

 

近年、NIPT(新型出生前診断)を行う無認可のクリニックが増え、一体どこで受けたら良いものか迷ってしまいませんか?

 

以前に書いたこちらの記事でも紹介した通り、”無認可施設の9割は、普段妊婦を診察することのない産婦人科以外の診療施設”というデータが出ています。

 

こういった施設でNIPT(新型出生前診断)受けた妊婦さんの中には、陽性判定を知らされた後に混乱するケースも少なくありません。

 

NIPT(新型出生前診断)のクリニック選びで失敗しない為には、絶対に抑えて欲しいポイントはこの2つです↓

 

  • 経験豊富な産婦人科医が在籍している。
  • 陽性の場合も羊水検査を受けられる体制が整っている。

 

無認可/認可外のNIPT(新型出生前診断)クリニックの実態

晩婚化が進み高齢出産をする女性が増えたことで、NIPT(新型出生前診断)の需要は年々と高まっているようです。

 

需要=お金

 

なので、これまで産婦人科を設けていなかったクリニックも、ビジネスとしてNIPT(新型出生前診断)に参入してくる形になっています。

 

経験豊富な産婦人科医がいない

 

そうして2020年現在”新型出生前診断(NIPT)を実施する無認可の医療機関の9割が産婦人科以外の診療施設”っというなんとも残念な状況になっているわけです。

 

 

もちろんこういうクリニックは産婦人科医ではない医師が診察をしているので、検査前に十分な遺伝カウンセリングが行われていません。

 

遺伝外来(遺伝カウンセリング)とは

親族での遺伝疾患の発症などをスクリーニングして、胎児に起きるであろう疾患の発症のリスクについて医学的な説明を行ってくれます。また検査結果による心理的影響についての相談にも乗ってくれます。

 

こういったクリニックではトリソミーの感度に対する説明や、陽性反応が出た後の対応についても十分な情報が得られず、検査を受ける妊婦さんの不安や疑問に答えることは難しいでしょう。

 

陽性反応が出た場合の対応が不十分

 

またNIPT(新型出生前診断)の結果が陽性だった場合に受ける羊水検査も、別途費用が掛かったり他のクリニック紹介するだけなど、アフターフォローが不十分な傾向が見られます。

 

遺伝学的出生前診断に精通した専門家によって構成されている団体「NIPTコンソーシアム」にも、診察後の対応が不十分なクリニックからの検査結果を聞いて混乱する妊婦からの報告が増えています。

 

羊水検査だけでも10万円〜20万ほどの追加の費用がかかるので、陽性反応で動揺している妊婦さんにとっては精神面でも金銭面でも負担が大きくなります。

 

産婦人科医の遺伝カウンセリングの重要性

 

遺伝カウンセリングを受けていれば良かったと、後悔しているNIPT(新型出生前診断)の受診経験者のブログにも遺伝カウンセリングの重要性が説かれています。

 

私の受けた某認定外のNIPTのクリニックは18トリソミーの感度が弱い検査会社だった。

などということを、妊娠後期に遺伝外来の先生に教えてもらって初めて分かったからです。

もし、これから出生前診断とか考えているなら、まず、遺伝外来とやらにかかってみたらいいと思います。
(私個人の意見ですが)

ネットには情報がたくさんありますが、嘘もありますし、真の情報を集めるのは大変です。
専門医にお金を払って、相談が出来るっていうのはとても大きいです。
羊水検査の結果聞くときに遺伝カウンセラー?の先生と話してて本当にそう思いました。
NIPTじゃなくて他の選択肢も提案してくれるかもしれないし。
考え直す機会を作ることだけでも、行く価値があると思います。

生きていくにはお金が必要。
仕事しないとお金は入ってこない。

「遺伝外来なんかかかってられねえよ!ムキー
認定外のNIPT受けるしかないんだ!!!ムキー」

って方に言えるのは、
・陽性が出た場合、羊水検査(紹介でも)してくれる
・NIPTのパフォーマンスデータ表を見せてもらえる
ところがいいと思います。

引用元:認定外(無認定?)のNIPTを受けて後悔していること

 

トリソミーの感度が検査会社によって違うという事実を知らず、後になり遺伝外来の先生から聞いて不安になったようですね。

 

やはり専門家の意見というのは大変貴重なものです。

 

流行でNIPT(新型出生前診断)を始めた専門性の低いクリニックよりも、長年産婦人科として遺伝外来(遺伝カウンセリング)を行ってきたクリニックを選ぶべき理由はお分かりいただけるかと思います。

 

無認可施設でNIPT(新型出生前診断)を受ける際には、経験豊富な産婦人科医が在籍していて、羊水検査に対応していて追加の費用がかからないクリニックを選びましょう。

 

40年以上の経験がある産婦人科専門医がいるクリニック

八重洲セムクリニック・奥野病院は出生前診断経験が40年以上ある経験豊富な産婦人科専門医のクリニックです。

 

NIPT(新型出生前診断)もこれまでに5000件以上おこない、検査の陰性的中率も99.9%です。

 

検査前の遺伝カウンセリングはもちろん、検査後の遺伝カウンセリングも実地しているので、無認可施設で問題となっているアフターフォローについてもしっかりと対応しています。

 

陽性の検査結果が出た場合も羊水検査費用は無料で、産婦人科医が最後まで責任を持って担当してくれます。

 

NIPT(新型出生前診断)のクリニック選びでお悩みの方にオススメの施設です。

 

新型出生前診断「NIPT」

詳細はこちらから

詳細はこちらから

奥野病院 NIPTの口コミと問題点とは!?結果の的中率&予約方法は!?

-奥野病院, 新型出生前診断(NIPT)

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.