ECMOとはがヤバイ!?

今話題になっているキーワード、ECMOとはに関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

ECMOとはが話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

ECMOとはについてのニュース記事

新型コロナウイルスによる重い肺炎患者への治療で、体外式膜型人工肺(ECMO、エクモ)が注目されている。重症者の肺に代わる役割を果たして回復を目指す医療機器で、救命の「最後のとりで」との期待がかかる。

―体外式膜型人工肺とは。

肺の役割を一時的に担う医療機器で、重い肺炎患者などに使われる。太ももの静脈から管を入れて血液を抜き、血中の二酸化炭素を取り除くとともに、酸素を供給してポンプで体内に戻す。自力呼吸できない患者の体に酸素を届ける仕組みだ。

―どんなときに使うのか。

肺による呼吸を補助する人工呼吸器では回復が困難な重症者に使われる。エクモで肺を休め、免疫力の回復を待つ。日本集中治療医学会などの集計では、3月30日までに新型コロナの重症患者40人にエクモが使われ、19人が重篤な状態を脱したが、6人は死亡した。現時点で有効な治療法が確立されていない中、政府は救命の「最後のとりで」とされるエクモの整備を進めている。

―国内にエクモは十分あるのか。

日本臨床工学技士会などによると、2月時点で国内には約1400台ある。医療機器メーカーのテルモが7割のシェアを持ち、年間百数十台を製造しており、新型コロナ拡大に伴う需要増に備え、国内2工場で増産している。同社のエクモ販売責任者、山田真さんは「医療現場に不安が生じないよう安定供給を目指す」と話している。

―病院の態勢は。

エクモの運用には専門チームが必要だ。数人の医師による手術で装着し、一度着けると24時間態勢の管理が欠かせない。患者1人に対し医師、看護師、機器を操作する臨床工学技士の計7人以上が必要となり、医療従事者の負担が大きい。

―今後の課題は。

政府は緊急経済対策として、エクモの増産や医療機関への導入を支援する方針だ。西村康稔経済再生担当相は「専門家の育成も急務」と指摘しており、人材育成の態勢整備も急いでいる。

スポンサーリンク

ECMOとはに関連するWiki情報

人工心肺装置(じんこうしんぱいそうち)とは、心臓外科における手術などの際、一時的に心臓と肺の機能を代行する医療機器である。人工心肺を用いた最初の成功例は、1953年にアメリカ合衆国の外科医ジョン・ヘイシャム・ギボンによってジェファーソン大学病院にて執刀されたものである。ギボンはIBMの協力を得て人工心肺装置の開発を行った。ギボンの成功後、Mayo-Clinicの医師たちがギボンの装置を改良し、 Mayo-Gibbon型と呼ばれた。日本における最初の成功例(1956年)は大阪大学医学部助手の曲直部寿夫による。

 

ふむふむ・・・

ECMOとはについて、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

ECMOとはについての世間の反応

コメント受付中

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.