ARIA 新作が残念!?

今話題になっているキーワード、ARIA 新作に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

ARIA 新作が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

ARIA 新作についてのニュース記事

天野こずえの同名人気コミックを基にしたアニメ「ARIA」の15周年記念プロジェクトとして、完全新作となる作品が今冬に公開されることが決定した。

【写真】「ARIA」声優キャストたち!(2015年に撮影)

公式サイトでは14日、新作を公開することを発表。さらに、公式Twitterでは、飯塚寿雄プロデューサーのコメントも公開され「本作には新たにアテナ役として佐藤利奈さんが出演いたします。新作を作る上でやはりアテナとアリスたちのとの新たなドラマを描きたいと思い、プロデュースサイドから佐藤(編集部注:佐藤順一)監督、天野先生にご提案をいたしました」と声優キャストに言及。「もちろん川上さんも引き続きAIRAファミリーです」とテレビアニメ版でアテナの声を担当し、2011年に亡くなった声優・川上とも子さんについてもコメントを寄せている。

スポンサーリンク

ARIA 新作に関連するWiki情報

『AQUA』(アクア)および『ARIA』(アリア)は、天野こずえによる日本の漫画。2001年から2008年にかけて、1話完結形式で月刊誌に連載された。単行本は『AQUA』『ARIA』両題合わせて全14巻で、累計420万部、関連書籍は60万部が発行された。『ARIA 完全版』は2016年から2017年にかけ両題を全7巻構成で刊行された。
物語の舞台となるのは、テラフォーミングされ水の惑星となった未来の火星、アクア。そのアクアの観光都市ネオ・ヴェネツィアで、一人前の観光水先案内人を目指す少女、水無灯里とその周囲の人々の四季折々の日常を描いている。ネオ・ヴェネツィアは地球のヴェネツィアから建築物や風習を移転したという設定になっており、異星を舞台にしながらも実在の観光資源が作中に登場している。
当初は『AQUA』の題で『月刊ステンシル』(エニックス刊)に掲載されていたが、いわゆるエニックスお家騒動により2002年から『月刊コミックブレイド』(マッグガーデン刊)に掲載誌が変わり、題も『ARIA』に改題された。

 

ふむふむ・・・

ARIA 新作について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

ARIA 新作についての世間の反応

映画でも嬉しいんだけど、新しいテレビシリーズでもやって欲しい。
アイちゃんの世代の話になるのが自然かもしれないが、あかり、あいか、アリスがシングルの時のストーリーがまた見たい。

AKIRAの新作だと思った人、手を上げて!

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.