2代目の評価が微妙だった車の件はマジ!?

今話題になっているキーワード、2代目の評価が微妙だった車に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

2代目の評価が微妙だった車が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

2代目の評価が微妙だった車についてのニュース記事

各自動車メーカーは、ヒット作を生み出すために新型車の開発をおこなっていますが、すべてのクルマがヒットするとは限りません。

【画像】あなたはどっち派? 初代スゴすぎた2代目クルマ!(22枚)

スポンサーリンク

2代目の評価が微妙だった車に関連するWiki情報

マーチ(MARCH)は、日産自動車が製造・販売するハッチバック型のコンパクトカーである。

派生車種は派生車種の項目を参照。

 

ふむふむ・・・

2代目の評価が微妙だった車について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

2代目の評価が微妙だった車についての世間の反応

車の名前と形のイメージが固定化したのが原因だと思う。ドカンとヒットしたドラマで俳優がイメージチェンジしにくいとか、ヒット曲の次が中々続かないアーティストと同じではないでしょうか?

初代シティはスタイル重視の車。モトコンポが積める……ってのも良かった。あの形が人気だったのに、二代目はね。
乗ってみると間違いなく二代目が良い。二代目でシティ・ターボⅢってモデル出してたら、もしかしたら話題沸騰したかも。シビックの立場や、当時のホンダを考えるとターボはあり得ないと思うが。

初代が良かったのはホンダインスパイア。最初はアコードインスパイアだが、独創的なスタイリングと雰囲気のいい内装が魅力的だったな。
ただレイアウトが少々無茶があったのと、中が狭かったのを覚えている。
シティは本来2代目用意するつもりがなく、トゥデイの大きいのが出来たためと、営業サイドから依頼があったから出した。と言う話を聞いたことあるな。
同じようなはなしで、フォードフェスティバも初代と2代目が全く違ったな。

「トヨタ・ist」も、2代目になって人気が急降下する結果となり、結局、継代されずに終売した。
「初代ist」は、クールでスタイリッシュなデザインが好評で、クロスオーバー風スタイルが人気があり、オーバーフェンダーが特徴的なコンパクトカーだった。
「初代ist」のデザインが気に入り、現在でも大切に乗っているユーザーも存在する。
ところが、2代目になって、海外に軸を置いたため 肥大化して 3ナンバー車となり、デザインもまとまりのないクルマとなってしまった。
その影響で人気が急降下し、結局そのまま終売することになった。

GA2型シティは隠れた名車だ。
ボディサイズも絶妙に良くジムカーナでも頑張ってくれたしな〜
元々の素のハンドリングも良いんだよね〜
1代目のインパクトが強すぎたので勿体ない1台でしたね。
当時は大人気シビックもあったし世間的にはあまり日の目を見ることも無かった車でしたね。

新型が発売されしばらくすると目も慣れてくるけれど、それでも
絶対に前の形が良い!初代が良いという車は本当にありますね!
外車にも多いです、最近だとBMW1シリーズやMINIも全種一世代前が格好良いという方が多いですね。絶版になってしまったがビートルも
同じ感じは個人的にはしてた。もちろん性能は素人にはわかりませんのであくまでデザインだけなんですが。そういえばスズキのスイフトもかなぁ。

初代がヒットしちゃうと、2代目はプレッシャーだよね。

シティは日本で打ち切られた後にシビックより小さいセダンとしてグローバル基幹車種になりましたね。つい最近新型が発表されましたが、セダンの他に5ドアハッチバックが設定されることが判明していて、新型フィット/ジャズの代わりにアジアや南米市場に投入するようです。

トヨタ初代istが入っていませんね。

初代セフィーロは走り屋に人気だったなー。
昔はまぁクルマでヤンチャする人がいる時代故に
クルマは売れてたみたいな所があるので
アウトローを徹底的に排除する事に成功した世界は
今のような、必要な人が必要十分なクルマを買うだけという
すごく分かりやすい状況になる。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.