黒川検事長 辞任論の真相がヤバイ?!

今話題になっているキーワード、黒川検事長 辞任論に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

黒川検事長 辞任論が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

黒川検事長 辞任論についてのニュース記事

東京高検の黒川弘務検事長(63)が新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の発令下に賭けマージャンをしていた疑いがあると週刊文春が20日、電子版で報じた。

与党内で進退を問う声が出ており、公明党の石田祝稔政調会長は記者会見で「事実であれば職務を続けられる話ではない」と批判、辞任を要求した。

自民党の閣僚経験者も「取り締まる側が、賭けマージャンをやっていたとなるともう持たない。近く辞めざるを得ないだろう」と語った。事態が黒川氏の辞任に発展した場合、特例的に同氏の定年延長を決めた安倍政権の責任が厳しく問われることになりそうだ。

これに関連し、菅義偉官房長官は記者会見で「事実関係については詳細を承知しておらずコメントは差し控えたい。法務省で適切に対応する」と述べるにとどめた。

文春報道によると、黒川氏は今月1日に産経新聞記者宅に約6時間半滞在。朝日新聞社員も交えて翌日未明までマージャンをし、記者が用意したハイヤーで帰宅したとされる。13日もマージャンをしたとの証言も掲載。同誌が事実確認を求めたのに対し、黒川氏は口を開かなかったという。

 

ふむふむ・・・

黒川検事長 辞任論について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

黒川検事長 辞任論についての世間の反応

文春砲久々に炸裂ですね、このところ週刊誌ぐらいしか権力に立ち向かわない。
これが事実なら、こんな人物の事を高く評価して、汚い手を使ってまで検事総長にしようとしていたのだから、安倍政権にとっても、大打撃だと思います。
さて、大手メディアはどのように報道するのかが見ものです。

昔、プロ野球選手が賭け麻雀で送検されたことありました
検事の職にある者であれば一般人よりもさらに厳しい倫理観を求められるはずですから、検挙送検は当たり前ですね

文春。すっぱ抜いたなああ。本当は先日の法案が採決されたら出す予定の記事だったんじゃないかと思う。一番影響が大きいときの方が面白いもんね。まだまだネタを2弾3弾で隠してるんじゃないですか。。

出ました。特大の文春砲が。事実であれば定年延長どころか即刻辞職すべきでしょうし、政府が解釈変更してまで強引に勤務延長を図った事の正当性は完全に瓦解したと言う事だ。

今さらこんな状態で検事総長にしても、さらに内閣支持率が下がるだけ。
内閣にとってもデメリットしかなくなった黒川検事総長案はこのままお蔵入りでしょうね。

黒川検事長、この記事が本当なら最悪ですね。

事実ならただ事では済まない。刑法上も道義的にも複合的に違反している。 安倍総理と告発の件と併せて 大変なことになってきた。

久々に文春砲きましたね。事実なら職務を続ける続けないの話ではなく完全にアウトでしょう。できれば1月の閣議決定の後くらいにすっぱ抜いて頂きたかったですね。

西武時代の東尾投手の掛けマージャンによる摘発は堤義明と敵対するあのオッチャンが政権にやらせたとマスコミ報道で言われていませんでしたかね。今回はマスコミからの情報だけに、ガースーは何とコメントするのか「承知しておりません。いずれにしても布マスクは有効な手段だ」といつもの噛み合わない答弁するんでしょうね。

日常の動向にはよっぽど気をつけないと。
文春は検察以上にするどく切り込んでくるから。
そんで、国会の審議会・委員会・本会議のように小手先のゴマカシもきかないんですよ、これがまた。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.