高須克弥 支援表明

高須克弥 支援表明で宮川紗江に救世主現わる?!

投稿日:

 

「YES 高須クリニック!」のキャッチコピーでおなじみの美容整形外科医、高須克弥氏が、体操協会に対してパワハラ告発した女子体操の宮川紗江選手について「僕でよければ契約します」と全面的な支援を表明したことが話題になっています。

スポンサーリンク


そもそもなぜこのような事態に?!

 

「今、人生で一番勇気を出してここに立っています」と記者会見の席でそのように話を切り出した宮川選手。

 

長年一緒に歩んできた速見コーチが宮川選手に暴力をふるったとして、日本体操協会から”無期限の登録抹消”という懲戒処分を通告されたことに対し「処分の重さにどうしても納得ができません」、「大ケガや命にかかわるような場面での指導の一貫として手でたたかれたりしたことはあったが、暴力とされる行為での指導を受けたことはありません」とコーチの処分軽減を求めました。

 

そして一方で、日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長と塚原光男副会長からパワハラを受けたと主張しています。

 

「あなたが認めないと厳しい状況になるのよ。オリンピックに出られなくなるわよ」などと言われ、今までにない恐怖を感じ怯えていたと訴えました。

 

日本体操協会は「宮川選手から協会に申し立てがあれば適切に調査していく」と宮川選手のパワハラ告発に対してこのようなコメントをしているが…。

 

果たしてどうなっていくのでしょう。

スポンサーリンク


ここで救世主現わる?!

 

 

そんな窮地に立たせれている宮川選手に一筋の光が差し込みました。

 

所属契約を解除された宮川選手に「僕と契約しましょう」と提案した高須氏。

 

宮川選手と体操協会の会見を注視していた高須氏は、動きがある度にツイッターで宮川選手へ呼び掛けており、やっと連絡を取り合えたことを報告しています。

 

その際「宮川選手とお話ができ、話し方が僕の孫娘そっくりです。家族のように支援します」と表明しました。

 

今後、担当者同士でサポートについてなど、具体的に話し合っていくとのこと。

 

神速な対応が素晴らしいですね。

 

さすが「YES 高須クリニック!」です。

スポンサーリンク


-高須克弥 支援表明
-,

Copyright© リトル情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.