隠し球 極意について・・・

今話題になっているキーワード、隠し球 極意に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

隠し球 極意が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

隠し球 極意についてのニュース記事

<深掘り。>

#開幕を待つファンへ プロ野球で最後の「隠し球」が記録された試合を知っていますか? 09年6月30日のソフトバンク-オリックス戦。オリックスの山崎浩司が成功し、広島時代を含めセ・パ両リーグで達成した。あれから11年。“くせ者”は現れず、令和の時代を迎えた。証言からウルトラCの極意に迫る。

【写真】隠し球でアウトを取った山崎をハイタッチで出迎えるブラウン監督

◇   ◇   ◇

09年6月30日のソフトバンク-オリックス戦。山崎の成功を最後に、プロ野球から「隠し球」が消えた。プロ野球創設時に活躍した苅田久徳が初めて成功したとされ、70年に東映の大下剛史がシーズン4度、83年には広島アイルランドが3度記録。90、00年代には巨人元木大介、横浜佐伯貴弘らが記録したが、今やめったにお目にかかれないウルトラCとなった。

山崎氏に聞こう。プロ入り時、コーチから「次のプレーを4、5個は頭で考えておくように」と教えられ、1球1球、打球や動きをイメージしながら守った。1つのアウトを取った後に「次のアウトはどうする?」と思考を巡らせる中で、オプションとして隠し球に着想した。成立する条件として「相手が気付いていないこと」「自軍の投手が察知すること」を挙げた。

テレビで追えないほど鮮やかに決まった、くだんの場面をひもといていく。2回無死一塁。ソフトバンク本多が一塁前へ犠打を成功した。二塁手の山崎は一塁ベースカバーでボールを捕球。「ベースコーチ、ベンチをチラチラ見ながら」二塁方向に向かい、「いける」と決断した。走者に目を移した時、高校の先輩の田上だったことに気付き「すみません」とタッチした。

投手の近藤にはアイコンタクトで知らせた。ボールを持たず、プレート付近にいればボークが宣告される。ボークを防ぐとともに、ボールの交換やタイムを取ることを避けることも必須条件。「それが直接的な理由かはわかりませんが」と前置きし、続けた。

山崎氏 最近は、打者がいろんな所に防具をつけるので、外す時にタイムをかけるケースが多くなっているように感じます。投手がボール交換を要求するのも増えたかなと。

オリックス時代の失敗例もそうだった。成功するかに見えたが、山崎の動きに気づかなかった投手が審判にボール交換を要求。プレーが止まり、ボールをファウルゾーンに投げ返した。広島在籍時の07年8月15日の巨人戦、阿部慎之助を仕留めた時は、ブラウン監督が当初気付かず。「二塁ベースに寄りすぎてないか」と守備位置を一塁寄りに指示しかけた。

山崎氏 成功した2回は送りバントのベースカバーの後でしたが、二塁方向に行く時はめちゃめちゃドキドキした。気付かれたら終わりなんで。目で周りを見ながら、気配は消して。

「4年に1回です」と五輪の周期に例えた。「1回やるとベースコーチもずっと見ていますし、(ソフトバンク)川崎からは『やまさん、ボール持ってませんか?』と疑われた」と笑った。オリックスでチームメートだった香月良太氏は「やった時に、ボークを取られないようにする練習をしていた」と回想。最高難度のワンプレー…背景には、周囲を含めたしたたかな準備がある。【久保賢吾】

◆山崎浩司(やまさき・こうじ)1980年(昭55)10月31日、大阪府生まれ。大産大付から98年ドラフト3位で近鉄に入団。04年の球団合併でオリックスに所属したが、同オフに広島にトレード移籍。08年にオリックスにトレードで復帰し、12年オフに西武にトレード移籍した。15年には楽天に移籍し、現役を引退。プロ17年間で通算518試合に出場した。

◇    ◇    ◇

◆見たら超ラッキー! ウルトラCのプレー

フォースボーク 走者が一、三塁の時に、攻撃側が使う。三塁走者に背を向ける左腕投手に対し、2人の走者が時差を使って連動して動くことで投手に動揺を与え、ボークを誘発し三塁走者が生還する。フォースは“強制”の意味。現在は広義となり、右投手の場合でも用いられる。最近の成功例は11年6月16日、広島-楽天戦。広島が6回2死一、三塁、打者前田健の時に成功させた。

ユー・ミー 走者が一、三塁の時、攻撃側が使う。一塁ファウルゾーン後方への飛球を一塁手が捕球した瞬間、一塁走者がスタート。挟まれるフリなど、一塁手の注意を引く。その隙を突き、三塁走者がタッチアップする。打球判断、走塁技術ともに超難解。

◆甲子園では プロで2度成功させた元木は、上宮時代にも甲子園で決めている。遊撃手で出場した88年春の3回戦、高知商戦の8回裏に1点勝ち越され、なお1死二、三塁で二塁走者をアウトにした。夏の大会では延長18回の死闘となった79年3回戦の星稜-箕島戦で、星稜・若狭三塁手が14回裏1死三塁で決め、サヨナラ負けのピンチを防いだ。87年3回戦では帝京のエース芝草宇宙(ひろし)が横浜商戦の9回表、1死一塁で大井一塁手に「やるか」と打ち合わせ。隠し球を成功させ、スコア1-0完封につなげるファインプレーとなった。97年には2年生ながらスラッガーとして注目された豊田大谷・古木克明が、2回戦の甲府工戦で二塁走者としてアウトになっている。

スポンサーリンク

隠し球 極意に関連するWiki情報

隠し球(かくしだま)とは、野球で、走者に気づかれないように野手がボールを隠し、走者が塁から離れた時に触球して走者をアウトにするトリックプレイを指す。隠し球という言葉は、公認野球規則では定義されておらず用いられてもいないが、一般には広く普及している。英語ではhidden ball trickなどと呼ばれ、こちらも野球規則などに定められているわけではない。

 

ふむふむ・・・

隠し球 極意について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

隠し球 極意についての世間の反応

隠し球は結構時間もかかりますし
今は試合のスピードアップ化が前提ですから
やるのは難しいかもしれません。
仕掛ける側も騙すテクニックが必要ですしね。

この前テレビで言ってたけど、相手ランナーやベースコーチにはバレてはいけないけど、自軍投手と塁審には伝えないといけないらしいね。野球未経験の私でもこのプレーの難しさはわかった。

隠し球を見る度にどんな時でも気を抜いてはいけないと感じる。だが時間が経てば人は同じ誤ちを繰り返す、奇策が入り込む隙は必ず生じる。野球という間の多いスポーツならではだろうか。

山崎が言うように一度やったら当面は警戒されるからドンドン出来る物でもないし、広い視野で野球を考えると面白いプレーだと思うんですけどね。野球用語って殺す、刺す、死ぬとかネガティブな表現が多い、その中に騙すというのもある。

「インプレー中にボールから目を逸らすな」って少年野球でも基本としてしっかり教えられますからね。隠し球でハメられた選手はそれを怠っているということ

これは、打者がプロテクターを付けるようになってから、ほぼ不可能になりました。ランナーコーチが塁上の選手の防具を取りに行くタイミングで、タイムがかかってしまうから。

隠し玉があるかもしれないと、日本の場合若いころからランナーは気を付けて離塁する訓練を受けている。
お互いのスキルを上げるためにもっとプロでも実現されても良いと思うが。

四年に一度程度に成功する様なプレーなんだ。
長らく野球見てるけど、目の前で成功したのは
夏の甲子園で箕島、星稜戦での隠し球ぐらいかな。その昔は高校野球でも禁止されていなかったから。今はもう甲子園では無理だし、プロ野球でもやる選手はいても成功することは極めて稀。

隠し球と言えば、元木さん選手や広島、オリックスで活躍した山崎選手の名前が上がると思います。山崎さんはどちらの球団でもやっています。でも私が印象に残る隠し球は南海ホークスの立石充さんのプレーです。西武戦でしたが3塁ランナーが滑り込んでセーフになり、サード守っていた立石さんがピッチャーに投げ返さないで守備位置で守る振りをしていたんですね。ランナーが油断した時に、タッチしてアウト。してやったりのプレーでサードコーチも悔しくて立石さんにボールぶつける仕草をしていました。

昔は広島(その前は東映かな?)の大下がかくし球の名人だったと記憶しています。それを引き継いだのが広島の木下だったかな?
なお高校野球ではかくし球は禁止されているようですが、プロ野球でも10年ほど出ていないのですね。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.