金正恩 重体報道がヤバイ!?

今話題になっているキーワード、金正恩 重体報道に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

金正恩 重体報道が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

金正恩 重体報道についてのニュース記事

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)国務委員長が最近、心血管系の手術を受け、治療を受けていると北朝鮮専門メディア「デイリーNK」が20日付で報じた。

同メディアは北朝鮮内部の消息筋を引用し、金委員長が去る12日、ピョンアンプクド(平安北道)の妙香山地区にある金氏一家の専用病院・香山診療所で心血管疾患の手術を受け、近くの香山特閣(別荘)に滞在していると伝えた。

金委員長の手術は平壌にあるキム・マンユ(金萬有)病院の担当外科医が執刀し、朝鮮赤十字総合病院と平壌医学大学病院に所属する“1号”(最高指導者の金正恩委員長)担当医師らが相次いで香山診療所に呼び出されたことがわかった。

ただし、金正恩氏の経過は「良好」と判断した医療陣は、一部を残し19日までに平壌に復帰したと「デイリーNK」は付け加えた。

先立って金委員長は政権獲得後、2012年から毎年出席していた錦繍山太陽宮殿参拝に姿を現さず、様々な推測を呼んでいた。

去る16日、労働党機関紙「労働新聞」をはじめとする北朝鮮メディアは「党と政府の幹部らと武力機関の責任者が15日、錦繍山太陽宮殿参拝を訪れ、崇高な敬意を表した」と報じた。ただし、金委員長の参拝有無が記事に言及されたり、報道された写真の中に金委員長の姿はなかった。

デイリーNKは金委員長がこのような主要行事に出席せず、緊急手術を受けた背景について、「過度な喫煙や肥満、過労などが原因となった」と伝えた。

一方、米国メディアは「重体との情報もある」と報じている。

スポンサーリンク

金正恩 重体報道に関連するWiki情報

金正恩(キム・ジョンウン、김정은、1984年?1月8日 - )は、朝鮮民主主義人民共和国(以下北朝鮮)の政治家、軍人。同国の第2代最高指導者金正日総書記の三男で後継者。父の死により実質的に最高指導者の地位を継承した。現在、朝鮮労働党委員長、国務委員会委員長、朝鮮労働党中央軍事委員会委員長、朝鮮労働党政治局常務委員、国家武力最高司令官を務める。党内序列は第1位。軍事称号(階級)は朝鮮民主主義人民共和国元帥。
また2019年4月の憲法改正により国務委員会委員長は国を代表すると規定され、名実ともに元首に位置付けられた。

 

ふむふむ・・・

金正恩 重体報道について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

金正恩 重体報道についての世間の反応

迂闊に信じるべきではないが、あの体格だしあり得るな。
かと言って北があっさり死にましたの報道をするとは思えないけど。

世界中がバタバタしてる時にまたこういう憶測記事?ですか。手術自体は行われたんでしょうが、ミサイル飛ばしてもリアクションが薄いのにご不満な偉大な首領様が、以前のように注目してよってアピってるんでしょうね。

最近のミサイル発射は注意をそらし重体を隠蔽する狙いがあったのだろう。

身内に手をかける奴だし、倍返しされてもおかしくないよね。
アメリカが報道すると余計にきな臭い。

今年当初から言われてました、赤電話誕生ですね。

では最近ミサイル飛ばしていたのは誰の指示?

北の将軍様いなくなったらより強硬になる事はとても怖い

ヘビースモーカーは心臓に悪い 肥満でもタバコ吸わなきゃここまで悪くならないのに でも肥満はよくないがね

過労。。
まあ、普段の様子がわかんないけど、忙しそうではあるもんな。

CIAが入ってるんだろ?
なら情報は信用性高いな

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.