都感染者 111人報告漏れが・・・ヤバイ!?

今話題になっているキーワード、都感染者 111人報告漏れに関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

都感染者 111人報告漏れが話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

都感染者 111人報告漏れについてのニュース記事

東京都内での新型コロナウイルスの感染者数について、都は11日、保健所からの報告漏れが111人分あったと発表した。そのほか35人は重複して報告されていたといい、差し引きした76人が総数に追加される見通し。

都によると、都が保健所からのデータを整理しているなかで判明したという。小池百合子知事は同日、インターネット上の動画配信で「これまでのデータを含めて精査を進めている中、111人について陽性が判明した。それぞれの保健所から都への報告をその方々についていただいていなかった。35人については、重複していたことがわかった」と語った。

 

ふむふむ・・・

都感染者 111人報告漏れについて、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

都感染者 111人報告漏れについての世間の反応

事務が忙しく、隔日出勤などで日々混乱している状況だと思います。
間違いは無い方がもちろん良いが、間違えに気づいた時点ですぐに訂正すれば、問題は拗れずに済みます。
何か間違いがあればすぐに訂正する態度は、日々コロナの状況に関心を持つ人々から信頼されるようになると思います。

役所も保健所も一般人も混乱している中、漏れが発覚しただけいいほうだろう。桁が違ってしまうほどの漏れでもない。

今は都庁も各区役所も医療現場も混乱してるから、
感染者数の精査はコロナ騒動が収束してから、PCR検査で陽性反応が出た都民が都庁前広場に全員集まる機会を作って、そこでひとりひとり数えれば正確に把握できると思う。

多くの民衆が知らない世界的強大な権力を持った一握りの組織が世界の、そして日本の政治家とマスコミと銀行、製薬会社と医師会を傘下にしてとんでもないことを画策し実行に移したのだと一人でも多くの人々が知ることが大切だ。行動を起こす必要はない。知るだけでいいのだ。それがさらなる悲惨な世界の到来を阻止できるからだ。とにかく一人でも多くの人々が知るだけでいいのだ。

本件も勿論問題ではあるのですが、もっと根本的な問題が
手つかずのまま野ざらしになっていると思います。

だからどうした?都知事殿が責任を取るとでも言うのなら話は分かるけどな。現場はアップ、アップしているんじゃないのかね?
いっその事良い機会だ、首都の移転でもしてはどうだろうか?そうすれば下手な公共事業よりも余程、業者も国民達も仕事が出来、食っていけると思うがな。

こんな状況なのに検察庁法改悪が行われ、黒川氏の検事総長が実現してしまいます。ただでさえ政府見解と異なる法解釈をしてまで定年延長を強行しています。過去に安倍さんのお友達の罪や森友問題でも不起訴にしたり。これ以外にもかなりダーティなことをしており、八木啓代のひとりごとがとても参考になりました。ご一読あれ。

実際には紙ベースで報告しているとのこと、それがちょっとしたミスにつながって今になって大ごとになる。今の日本を象徴している。 新たにシステムできるような体制を作っていかないといけない時代。 お役所がまだまだ古い体質のままで起こったことなのかもしれない

直近の数字でなければ、今後の対応に影響を与えることはないだろう。
これを機に報告システムをきっちり整備すればよい

毎日データをPCでデータ分析している人間だが、そもそも個人名・生年月日・検査日・検査結果「だけ」データとして集計すれば絶対このようなことは起きないことが思うのだが・・。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.