豪華夜行バス 運転方法

豪華夜行バス 運転方法の工夫色々を調べてみた。

投稿日:

 

豪華夜行バスの運転方法が話題になっていたので、その方法を調べてみました↓

スポンサーリンク


超時間の運転で疲れない方法

夜行バスと言えば運賃は安いけど長時間の乗車で目的地へ到着する頃は狭いしとても疲れるというイメージがあります。

それを少しでも回避する為に運転方法で考えてみました。

快適に目的地までというのは当然ですが最もあってはならないのが事故、その事を最優先事項として捉えます。

その場合疲れを感じないで運転出来れば結果オーライです。

ではその疲れない運転方法とは?

休憩を取る!

それも緊張が高まって極度に疲労する目的地に近づく手前です。

足が浮腫まないようにする

長時間靴を履いて運転をしているとどうしても足が浮腫みます。

それを少しでも回避するには靴を脱ぎます。

そうです!裸足で運転するんです(笑)裸足と言っても絨毯を敷いて靴下を履いてれば気持ちよく運転できます。

そして足の浮腫みを感じる事なくドライバー自身も快適に運転出来ます。

肩が凝らない様にする

普段から姿勢をよくする習慣を身につける。

そもそも肩が凝るのは重い頭を支えている首、体の10%に当たる頭を首で支えているのだからそのままだと前倒しになります。

それを筋肉が引っ張っているから倒れない、それなのに猫背のように姿勢が悪いと筋肉に余計な負担がかかり肩こりの原因になります。

だから普段から真っすぐの姿勢を心がけます。

目が疲れない様にする

運転中の事故は安全不確認がダントツです。

目が疲れていると当然安全確認が遅れます。

少しの差で大事故に繋がります。

目が疲れないようにする事は重要事項でしょう。

それにはやはり充分な睡眠を取ること、これが一番です。

長時間の運転で目を使っているので目がショボショボする時は、目の血管が血行不良になっています。

そんな時は熱いタオルで目の周りを温めて、目を覆うようにパックします。

目の周りの血管を広げ血行をよくするのです。

更に充血している時は目が炎症を起こしているので今度は冷水で冷やします。

ダブルの時は冷水と温熱を交互に繰り返します。

そうするとスッキリします。

乗客に楽しんで貰う

その他にも気をつける点は幾つもありますが、先ずは事故がなく、乗務員、乗客ともに快適にストレスなく目的地へ辿り着ければいいでしょう。

豪華夜行バスがこれから先も広く世間に認知され旅行と言えば豪華夜行バス!と、直ぐに連想されるように運転方法を更に改良して目的に応じて使って頂けるよう需要が伸びればいいと思います。

スポンサーリンク


-豪華夜行バス 運転方法

Copyright© リトル情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.