笑点 リモート収録がヤバイ!?

今話題になっているキーワード、笑点 リモート収録に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

笑点 リモート収録が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

笑点 リモート収録についてのニュース記事

番組初のリモート収録を行った日本テレビ系「笑点」(日曜午後5時30分)が17日、放送された。

【写真】背後で合掌する三遊亭円楽に気づく桂歌丸さん

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、この日は司会の春風亭昇太(60)以外のメンバーがおのおのの自宅から収録に参加。「笑点」史上初のリモート収録となった。

昇太は「こんなご時世でいろんなところが大変ですが、『笑点』もついにこの時がやってきました。スタジオには私1人。他のメンバーの皆さんは自宅でのリモート放送でお届けします」とあいさつ。モニター越しのやりとりではメンバーが近況を明かし、三遊亭小遊三(73)は「断捨離です。時間があるので古いものを捨てている。思いがけずに若い時の写真が出てきちゃって、見とれて進まない」、林家木久扇(82)は「ずっと孫と遊んでます」、三遊亭円楽(70)は「神経が細いせいか、帯状疱疹(ほうしん)が出まして。ストレスでピリピリして。ずっと医者通いです。ずっと暇だからお医者さんと付き合ってます」などと報告した。

番組は「笑点」50周年の歴史を振り返りながら進行。桂歌丸さんの最後の出演回も放送され、その収録後、歌丸さんが「泣くまいと思いましたけど、やっぱり悲しいです。でも落語はこれからも続けていきます。よろしくどうぞお願いいたします」とあいさつし、手ぬぐいで涙を拭う姿もうつされた。

歌丸さんとのバトルが番組名物だった円楽は、19歳で出会った時のことを振り返りながら「『笑点』に入った時も『私のことでも何でもネタにしていいよ』とおっしゃってくださって、育ててくださった。これからも55年、60年と頑張って参りますので、歌丸師匠も頑張って成仏してください」とジョークを交えて感謝を伝えた。

来週はリモート大喜利に挑戦するという。

 

ふむふむ・・・

笑点 リモート収録について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

笑点 リモート収録についての世間の反応

番組は存続させたい。
他の番組も皆同じ。
こういう時こそ、笑いで嫌な事を忘れたい。
若手(出来れば平成生まれ)の大喜利も、リモートでやって欲しい。

笑点メンバーと番組スタッフだけしかいない中での大喜利を見るにつけ、

面白かった。
「また来週、って救急車誰のとこ〜」
「たい平兄さんです」
「霊柩車も来たりして」
こんなオチも良い。

公開放送はつくづく観客のありがたみがよく分かるって感じ。好楽スケジュール帳が真っ白なのか髪の毛も白かった笑

ワイプが邪魔!

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.