立石義雄 死去について・・・

今話題になっているキーワード、立石義雄 死去に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

立石義雄 死去が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

立石義雄 死去についてのニュース記事

新型コロナウイルスによる肺炎に感染して療養中だった元オムロン社長で、前京都商工会議所会頭の立石義雄(たていし・よしお)さんが21日、新型コロナウイルス感染症のため死去した。80歳。葬儀は近親者で営む。喪主は長男の郁雄(いくお)さん。

大阪府出身。立石電機(現オムロン)を創業した立石一真(かずま)氏の三男。同志社大卒業後、1963年に立石電機に入社。専務を経て、87年に社長に就任した。2003年に会長となり、11年に名誉会長に退くまで経営の実権を握った。

「大企業病」克服を最大の経営課題に据え、88年には中間管理職が最長3カ月休暇を取る異例の「長期リフレッシュ休暇制度」を導入。社内の活性化を進めた。90年には現社名に変更し、グローバル化を加速。主力である駅改札機などの社会システムや産業機械向け制御機器、健康関連機器などを手掛け、経営の多角化も進めた。

07年5月から20年3月まで京都商工会議所会頭を務め、国際都市・京都の活性化や文化振興などに尽力した。98~08年には関西経済連合会副会長に就いた。

スポンサーリンク

立石義雄 死去に関連するWiki情報

立石 義雄(たていし よしお、1939年(昭和14年)11月1日 - 2020年(令和2年)4月21日)は、日本の実業家。オムロン創業者立石一真の三男で、同社代表取締役社長や、同社代表取締役会長、京都商工会議所会頭、日本商工会議所副会頭等を歴任した。

 

ふむふむ・・・

立石義雄 死去について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

立石義雄 死去についての世間の反応

コメント受付中

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.