球宴 中止濃厚の件はマジ!?

今話題になっているキーワード、球宴 中止濃厚に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

球宴 中止濃厚が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

球宴 中止濃厚についてのニュース記事

7月19、20日に予定されているプロ野球のオールスターゲーム(ペイペイドーム、ナゴヤドーム)の中止が4日、濃厚となった。1951年にスタートした真夏の祭典が中止となれば、史上初。政府はこの日、緊急事態宣言の期間を5月31日まで延長すると発表した。今後の対応策を協議するため、12日に臨時オーナー会議が開催されることが判明するなど、野球界は苦境に立たされている。

東京五輪に続き、球界の「真夏の祭典」も2020年のカレンダーから消えてしまう。球界関係者の話を総合すると、7月19、20日に予定されていた球宴の中止が濃厚となった。正式に中止となれば「オールスターゲーム」の名を冠し行われるようになった1951年以降、70年目で史上初だ。

新型コロナウイルスの感染拡大による余波で、日本野球機構(NPB)と12球団は、すでに交流戦の中止と5月中の開幕を断念。この日、安倍晋三首相が当初6日までとしていた緊急事態宣言の期間を5月31日まで延長すると発表した。

本来ならば、球宴への準備を進めなければいけない時期に入っている。昨季は5月24日にファン投票が開始され、6月24日に結果発表、選手間投票、監督選抜の発表と続き、7月9日のプラスワン投票選出選手発表で出場全選手が出そろっていた。

NPBは今年も野球ファンや、選手の夢舞台を用意するために、あらゆる策を検討していたが、最短としていた6月19日のシーズン開幕が6月下旬から7月にずれ込む可能性が高く、苦渋の決断となった。ペイペイドームとナゴヤドームでの試合は、来年に開催される方向とみられる。

連休明けの11日に「新型コロナウイルス対策連絡会議」と12球団代表者会議が行われる。翌12日にはオンラインで臨時のオーナー会議が開催されることも明らかになった。新たな開幕日決定には至らないとみられるが、球宴中止も含めた今後の対応策を協議する。

今年で70年目の節目を迎える予定だった。1971年の第1戦では江夏(阪神)が9者連続奪三振。87年の第3戦ではPL学園高のKKコンビ、桑田(巨人)と清原(西武)が初対決。96年の第2戦ではイチロー(オリックス)がマウンドに上がり、2004年の第2戦は新庄(日本ハム)がアッと驚くホームスチールを成功させた。昨年は1月に大腸がんを公表した原口(阪神)が2試合連続の復活アーチを放つなど、数々のスターが歴史をつないできた。

新型コロナウイルスの感染拡大は、人々の日常を奪い、スポーツ界にも影を落としている。日本列島には、まだ球音が響かない。

■オールスターゲーム

セ・パ両リーグで選抜された選手によって行われる対抗戦。2リーグ分立後の1951年に初めて開催された。開催地は基本的に各球団の持ち回り。過去の通算対戦成績はパ85勝、セ79勝、11分け。出場選手はファン投票、選手間投票、監督推薦、プラスワン投票で選出される。

スポンサーリンク

球宴 中止濃厚に関連するWiki情報

日本プロ野球のオールスターゲームは、日本野球機構が主催する、セントラル・リーグとパシフィック・リーグの各選抜チームによる対抗試合である。毎年7月に行われ、監督推薦やプロ野球ファンによる投票などで選抜された選手が出場する。現在正式な大会名はマイナビオールスターゲームとなっており、通称はオールスターまたは球宴(きゅうえん)である。

 

ふむふむ・・・

球宴 中止濃厚について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

球宴 中止濃厚についての世間の反応

野球のシーズンの試合の方が大事やし、

プロ野球大好きだけど今年はもういいよ。子供のために学校優先してくれ。プロリーグが再開して感染者数が増えて、休校が延びるとか子供にとって最悪。スポーツは学校が再開してそれでも感染者数が急増しないことを確認してからにしてくれ...

こんな状況の選手を使って、国民への応援メッセージを配信しなくていいよ。

やらないのが正解でしょう。
今の時期に無理してするものでもないし、試合をしていないのだから選手を選ぶ事もできない。
しない事を悪いみたいに言うのではなく、しない選択をしたNPBを褒めるべきですね。

もう今年はシーズンの開催自体を見送る決断をしないといけない時期に差し掛かりつつあるような気がする...野球ファンとしてはめちゃめちゃ辛いけど、仕方無いと思う。
選手も1人の人間であってスーパーマンじゃないから不安でいっぱいやと思う。東日本大震災のときと全く状況が違うから野球で日本を元気にというのはずれてると思います。

開幕が7月にずれ込んで通常通りの試合数をこなすとシーズン終了が12月になる訳でもしそうなると来季に支障が出るから少なく見積もってもまず試合数削減は確実。
シーズンそのものを半減させるとしたら7月開催で9月終わりと言ったところか。日本シリーズ考えるとこの辺りがもう限界って気がする。
もうこれ以上のずれ込みは致命的でそれ即ちシーズン全ての中止を考える必要がある。

オールスター・CS・日本シリーズは基本的にNPBの収入源だから
個人的にはいらない
CSでの阪神対DeNA、あの土砂降りでグラウンドコンディションが
最悪の中ででも試合をさせた事には不信感しかない

交流戦が始まってからは開催意義も薄れ、ペナントレースの真剣勝負とはかけ離れた緩い緊張感に興味も無くなってました。
選手会総会は仕方ないけど、選手たちの中間休み、リフレッシュ期間に充ててくれた方が公平なシーズンになると思う。

今の状況考えたら仕方ない判断だと思う。
スポンサー関係とか対応が大変なところもあるだろうけど、NPBの判断を支持したい。

80年代のオールスターは日頃テレビでもほとんどお目にかかれないパリーグの有名選手が見えたり、セリーグのスターが同じチームで戦ったりして本当にわくわくしたが、最近のオールスターは価値がかなり下がってしまったと思う。これだけ情報が溢れ、選手が客にサービスを行うようになり、交流戦もある。何より選手がみんな仲良しこよしで均一化され、飛び抜けたスターがいなくなった。もっと野球の価値を高める方法を模索すべきだと思う。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.