燕市 自粛学生支援の件がヤバイってマジ!?

今話題になっているキーワード、燕市 自粛学生支援に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

燕市 自粛学生支援が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

燕市 自粛学生支援についてのニュース記事

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が拡大する中、新潟県燕市が帰省を自粛している学生に対して「燕市産のコシヒカリ5キロ」と「手作り布マスク1枚」などを送る応援を行っています。「市内有志の皆さんからのご厚意」で実施されているというこの支援に申し込んだ学生を取材しました。

【画像で見る:鈴木市長からの手紙(全文)】

行われているのは、燕市への帰省を自粛している、新潟県外に住む燕市出身の学生に対して、「燕市産のコシヒカリ5キロ」と「手作り布マスク1枚」などを燕市が送るという応援施策。市内有志からの厚意で実現したものだといい、当初は首都圏在住の燕市出身者で東京つばめいと(※)に登録した人を対象にしたものでしたが、緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されたことを受け、4月17日からは「新潟県外のすべての都道府県」に対象地域が拡大されました。

(※)東京つばめいと……燕市出身で首都圏在住の18~30歳の人(市内に通勤通学していた人も含む)を対象にしたもので、「首都圏で暮らしている燕市出身の若者の応援」「燕市出身の若者同士が交流できる場の提供」「登録者と燕市や市内企業とをつなぎ、Uターンを促進(Uターン相談など)」を目的に設立。

 

ふむふむ・・・

燕市 自粛学生支援について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

燕市 自粛学生支援についての世間の反応

すごくいいことですね。
さっき、近所の人が「明日東京から娘と孫が帰ってくるのよー」って会話してるのを聞いたばかり。うちは大丈夫っていうなぞの自信。びっくり。
感染拡大地域から平気で帰省している。もしくは疎開してきている人の話を聞いたことがある人は
きっとわたしだけではないはず。

帰って来るなというのは簡単かも知れないけれど遠い地で頑張っている若者への応援というのはまるで子供を心配する母親の様な寄り添い方。
一人暮らしで5キロのお米なら2ヶ月近く持ちそう。新潟米は本当に美味しいし心細いかとも思いますが慣れ親しんだお米で元気出して自粛頑張ってほしい。
地元にいる親御さんも少しは心配しなくて済むしいい取り組みだと思う。

いい施策ですね。
帰ってこないでと言われるとちょっと傷つくけど、故郷からのお米は元気付けられますね。
帰らないことが故郷を守ります。
離れた街で学生も不安だと思います。
みんなで頑張りましょう。

この米の味は一生忘れてはいけないですね!農家の人達にも感謝です!

泣ける。普段地元に育てられたと意識することって少ないけど、やっぱり地元の農家さん他、沢山に人たちに支えられて生きているんだ。

アルバイトを解雇されたり、減らされたりで帰省できずに不安になっている学生さんには本当に心強い地元からの応援でしょう。

大学時代に新潟出身の友人が、学食のお米が不味すぎる!と言っていたのを思い出しました。
東京で1人、慣れない生活に、口に合わないお米では心細くもなるだろうと思います。
本当に素晴らしい取り組みだと思います。

素晴らしい事だと思う、親の思いはバイトも出来ない学校も行けないなら帰っておいで。と言いたいが万が一コロナ感染が?と思うと言えない。そこでこの方法は素晴らしいと思います。私の所は東京から帰省して来た方が感染源でした。家族とその仲間たちが感染しました。 だから市をあげての支援は素晴らしい

ふるさとと若者をつなげるすばらしい支援。
うちも娘2人が帰れないでいる。
心配だが、高齢者の多い地元のことを考えると、帰って来いとは言えない。
こういう取り組みは、数年後の地域活性につながると思う。

政府もさ、家にいてほしけりゃ国民に食料品送ってくるくらいのことすればいいのに。お魚券とかお肉券とか言ってた奴ら、それ持ってみんなが店に押しかけたらどうする気だったのか。生産者も消費者も今が大変なんだから、今できることを考えてほしい。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.