消毒液 転売禁止が残念!?

今話題になっているキーワード、消毒液 転売禁止に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

消毒液 転売禁止が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

消毒液 転売禁止についてのニュース記事

政府は22日、国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令を閣議決定。消毒用アルコールの転売などが禁止された。公布日は5月22日、施行日は5月26日。

国民生活緊急措置法 第26条第1項では、生活関連物資等の供給が著しく不足し、国民生活の安定や国民経済の円滑な運営に支障が生じる場合に、生活関連物資等を政令で指定し、譲渡の禁止などを定めることができる。

今回の改正では、第26条第1項の政令で指定する生活関連物資等に、消毒等用アルコールを追加。消毒等用アルコールとは、消毒等(消毒、殺菌その他これらに類する行為)に使用されることが目的とされている「アルコールを含有する医薬品・医薬部外品」、「医薬品・医薬部外品以外のアルコール分60度以上の製品」。また、これら消毒等アルコールを染み込ませた不織布等。

26日以降は、消毒等用アルコールの購入価格を超える転売を禁止する。規定違反は罰則の対象となるが、施行日以前に締結された売買契約による譲渡には、罰則規定を適用しない。

なお、「メルカリ」や「ヤフオク!」、「ラクマ」などフリマ、オークションサービスでも消毒液の出品が禁止されている。

 

ふむふむ・・・

消毒液 転売禁止について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

消毒液 転売禁止についての世間の反応

遅すぎると責めるコメントが多々あるけど、第2波に備えて、転売禁止が法的に決まってるのって良いことだと思うけどなぁ?(まぁ確かに遅いとは思いますが)
責められるべきはてもとにあるにも関わらず買い占めた人と、国難を金稼ぎに利用して転売した人じゃないの?

これアルコールに限定してるんだな。
なんで「転売」自体を規制しないの?
転売の定義を定めて刑事罰にしてほしい。
転売以外にも、規制や取り締まり対象にしてほしい事が山ほどある。

遅そすぎる。
品目を限定するのではなく、市場価格のあるものを明らかな高額で転売することを禁じれば良いだけ。そうでなければいたちごっこになる。
他にも体温計、体温計用のボタン電池、あとはどうぶつの森なんかも買い占められて流通していない。
利息だって制限法が有るのだからメーカ希望小売価格の100%200%の高価出品は一律禁止にすべき。

遅すぎてびっくりする。
そしてもうドラッグストアでもある程度出回っていて買える。
あと、60%に満たないアルコールの商品を除菌と称して販売することを取り締まるべき。

マスクを転売禁止にして流通が戻ったか?値段が戻ったか?
コロナ発生前、5枚入り百円のマスクがコンビニでも百円ショップでも売っていたことを思えば、少しも戻っていない!!
消毒用アルコールもそうだ。一部の悪質業者が今も大量にストックしている。
皆さん、マスクも消毒アルコールも、買わないで下さい!!
慌てて買えば、元に戻る日はさらに遠のくのです!!
マスクは洗って使おう。洗い方はyoutubeで見られる。
手は石鹸で30秒以上、二回洗えば十分。
マスクもアルコールも、大量ストックしている業者がいる限り、買うのをやめよう!!

今なら
ある程度の規模の市町村なら
ドラッグストアやディスカウントショップ
でも購入可能です。

「転売禁止が決定」

結局すりぬけてマスク売ってたりして摘発された奴いるのかな?
いないならこれも同じルートですり抜けて売られそうだけど。

酒造メーカーが出してくれた
酒類のアルコールには適用外なのが
後手のさらに後手。上級国民官僚仕事。

いやあ・・・・遅すぎてもう。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.