水着マスク 注文殺到がヤバイ!?

今話題になっているキーワード、水着マスク 注文殺到に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

水着マスク 注文殺到が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

水着マスク 注文殺到についてのニュース記事

新型コロナウイルス感染拡大でマスク不足が続く中、二本松市の富樫縫製がつくる「水着マスク」が売れている。主力である水着の生地の端材を生かしてマスク生産に乗り出したところ、全国から注文が相次ぐヒット商品になった。

【写真】「水着マスク」の生産で、工場はフル稼働=福島県二本松市油井

中国から買っている水着の生地の輸入が止まり、水着の生産が難しくなったのがきっかけだ。マスクを求め行列ができる光景を見た社員が「端材でマスクを作れば、少しは社会の役に立てるかも」と提案した。

早速、富樫三由社長が自ら試作を重ね、商品化にこぎつけた。1枚5分程度で作れるといい、社員の伊藤吉子さんは「水着に比べれば簡単」と話す。

1枚500円で、洗えば繰り返し使える。3月中旬に同社ホームページから通信販売を開始。直後から注文が殺到し、500~1千枚が数分で売り切れるという。予約を受け付けないため、閲覧が後を絶たず、アクセスは1日8万超にのぼるという。

通販のほか、今月からは1日あたり道の駅「安達」で200枚、スーパー「いちい」の県内全16店舗で計1千枚を売り始めた。市内にある二つの工場をフル稼働させ、1日に4500枚を作る。

各地の病院や企業、県からも依頼されたが、生産が追いつかないほどだ。二本松市内の小中学生向けのマスクも生産した。同社には感謝を伝えるメールやファクス、手紙が100通以上、届いた。富樫社長は「商売を始めて50年。モノを売ってこれだけ感謝されるのは初めて」と目を丸くする。(関根慎一)

 

ふむふむ・・・

水着マスク 注文殺到について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

水着マスク 注文殺到についての世間の反応

別メーカーさんの水着素材のマスク(日本製)を使っています。3月下旬に販売会を行っているところをたまたま通りかかって、制限数MAXを購入しました。
洗って繰り返し使えることから、マスク探しのドラッグストア巡りによるストレスから解放されました。

私も別の所で購入した水着素材のマスクをしてますが、肌触りも良くて耳も痛くならないし洗えるし、散歩などで人と接触しない時はそのまま装着、スーパーなどに行く時はキッチンペーパー挟んで行ってます。
まあ、防御力が上がるかはわかりませんが気持ち的に楽です。

2月くらいにこの水着マスクの存在を知り、二本松の知り合いに話したら送ってくれました。
表地と裏地の間にガーゼを入れるスペースがあるので飛沫感染予防になりますね。通気性が高いのと洗ってもすぐ乾くしなんといっても生地が強い。重宝しています。

この会社のマスクの入荷時間は会員登録すると書いてあります。
購入する際に住所等入力してたらどっちみち売り切れてしまうので、少しでも購入意思があるならまず会員登録をオススメします。
私も購入して家族に配りました。
市内の小中学生に配ったためが、無地の白が多めでした。

水着素材のさわり心地個人的にすごく好きなんですよね。
あのサラサラザラザラ感好きな人絶対いると思う。
多分それだけで予想以上に売れてるんだと思う。

マスク買いたいが、一日4-5件近所覗いてもないし、ネットのフリマは中国製の怪しいのが、ストライクゾーン高め一杯の金額だし、こういう機会を待っていた、自分もサイトのぞこう。

安倍さんのマスク地元企業忖度品 より各県地元企業応援して県内上手く回すべき 経済もまわるのではないか 安倍さんー

水着素材ならマスクをしたままプールや海で泳げますね。

水着素材マスクね。
先日、ブラジャーマスクを見たから、同じ感じかと思ったよ。

素材か、素材ね、素材なんだ、素材だよな、そりゃそうか…。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.