梅干し離れ 加速の件がヤバイってマジ!?

今話題になっているキーワード、梅干し離れ 加速に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

梅干し離れ 加速が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

梅干し離れ 加速についてのニュース記事

ご飯のおともとして愛されてきた梅干しの消費が振るわない。1世帯あたりの年間支出額は近年のピークにあたる平成11年から減少傾向が続いている。若者が好まなくなったことが原因とみられ、世帯主が29歳以下では過去20年で半分近くに激減。70歳以上と比較すると5倍以上の差が生じている。梅収穫量全国一の和歌山県も例外ではなく、若者らに質問すると、「酸っぱいのは苦手」などという声が相次いだ。(張英壽)

【グラフ】梅干しの1世帯あたりの年間支出額

■和歌山でも「嫌い」

和歌山市中心部のJR和歌山駅前。3月上旬、若者を中心に「梅干しが好きか」と質問してみた。

「嫌いです。食感が好きではないし、酸っぱいのがいや。小さい頃、食べたけど、それ以来口にしていない。家族は好きだけど、自分は食べません」

市内に住む20代後半の会社員女性はこう言い切った。

ここまで「嫌い」とはっきり断言した回答は少なかったが、梅干しの強い酸味に拒否感を示す声は複数あった。

市内のフリーターの女性(21)は「好きでも嫌いでもない」と答えたものの、「食べるのは月に1回くらい」で、「家で常備しているけど、酸っぱいのが苦手。自分からはあまり食べない」。

「好き」と回答した市内の男子大学生(22)もよく聞いてみると、「食べるのは弁当に入っているのを週1回ぐらい。酸っぱいのは苦手で、梅干しは、はちみつが入っているのがいい」という。

一方、和歌山県海南市の男性会社員(45)は「好きで、毎朝食べる。ないと物足りない」と強調したが、「高校2年の娘は酸っぱいのはあまり食べない」と打ち明けた。

■酸味は世界一?

総務省(旧総務庁)の家計調査によると、1世帯(2人以上)あたりの梅干しに対する年間支出額は、昭和60年の879円から62年に千円を突破、平成11年には近年のピークとなる1897円に達したが、その後減少傾向に転じた。ここ数年やや持ち直したが、昨年は再び前年を下回り、1474円に落ちた。

和歌山県は、梅収穫量が昭和40年から昨年まで55年連続全国1位で、日本全体の約65%を占める「梅王国」だ。梅干し支出額を都道府県庁所在地と政令市別でみると、和歌山市は昨年、全国1位の3168円で、2位のさいたま市より千円以上多く、他都市を圧倒している。

その和歌山市も支出額は減少傾向にあり、平成19年と21年には5千円、27年も4千円を超えていたが、28年~昨年は3千円前後の状態が続いている。

梅干しの全国製造量を示す統計はないとされるが、「梅王国」の和歌山県が最多とみられる。梅産地の同県みなべ町と隣接する田辺市で多くが製造され、両市町には梅の担当部署がある。

梅干しの消費の落ち込みについて、3月末まで田辺市梅振興室長を務めた廣畑賢一・商工振興課参事は「高齢者は好んでいるが、若者が食べないのが大きい。梅干しの酸味は強く、世界で一番酸っぱいかもしれない。若者は辛さには強いかもしれないが、この酸味は苦手」と指摘する。梅干しの酸っぱさはレモンとともに最高レベルという。

世帯主の年齢層別に全国の梅干し支出額をみると、昨年は29歳以下が369円だったのに対し、70歳以上が5・5倍の2012円で、12年からの過去20年で両世代間の差が最も大きい。しかも29歳以下の支出額は12年(694円)の半分近くにまで激減した。30代も12年の半分近い617円にまで減っている。

■はちみつや黒糖入りも

田辺市やみなべ町では最高品種とされる「南高梅(なんこううめ)」を用いた梅干しがつくられているが、実は、昭和50年代から塩分や酸味を抑制、カツオだしやシソなどを加えた「調味梅」が主流となっている。本来の梅干しは「白干し梅」と呼ばれ塩分が20%以上だが、こうした調味梅では10%未満だ。廣畑参事は「食の多様化や健康志向の高まりで、梅干しにマイルドさが求められるようになった」と話す。

廣畑参事によると、業界では、酸味が苦手な若者らをつかむため、はちみつや、オリーブオイル、トマトエキス、キムチなどを入れた梅干しも発売されているという。これらも「調味梅」に分類されるが、若者の梅干し離れを食い止めるにはいたっていない。

みなべ町の梅干しメーカー「ウメタ」でも、黒糖やシソなどを漬け込んだ商品があり、一番人気ははちみつを漬け込んだ「スイートはちみつ」という。

泰地祥夫(たいじ・よしお)社長(60)は、町内の42業者でつくる「紀州みなべ梅干協同組合」の代表理事も務めており、若い世代が梅干しを敬遠している状況に危機感を抱いている。「若者をつかむために業界では、料理レシピのコンテストを賞金付きで行ったり、人気キャラクターとタイアップした商品を開発したりと、さまざまな試みをしている。だが、これといった具体策はない」と苦しい胸のうちを明かす。

 

ふむふむ・・・

梅干し離れ 加速について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

梅干し離れ 加速についての世間の反応

うちの人も、結婚前は梅干が大の苦手でした。
梅干大好きな私が、美味しそうに梅干を食べてるのを見るのも我慢できないくらいに。
そんな主人が今では梅干好きで、自分から買ってくるくらいになった。
豚ロースを2枚ずらして重ねた上に、軽く塩コショウし、大葉、海苔、鰹節とめんつゆ少々と梅肉を和えたものを塗り、くるくると巻いて、バッター液とパン粉をつけて揚げたものを出したら、お酒と一緒にあっという間になくなった。
茄子の素揚げ梅肉ネギ添えも、私がひとつも食べないうちにペロリ。

俺も家族も梅干しは苦手。
だけど蜂蜜を入れた甘いのはもっと嫌いだ。
そういうあからさまに甘くするような物を入れずに酸味をやや抑えたやつは食べられない事は無いが・・。進んで食わないけど。
酢の物でも野菜やわかめだけの、要するに魚介や肉類を使っていない類は苦手かな。酸っぱいのが嫌いなんだね。

「酸っぱいのが苦手」というのは、人間の本能から考えて当然のこと。
腐ったものを避けなければならないのだから。

小さいころからハンバーグ、唐揚、スパゲッティ等々ばっかり食べてたら、梅干しの良さなんか分かる訳ないでしょ。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.