柴田阿弥 イジメ被害告白について・・・

今話題になっているキーワード、柴田阿弥 イジメ被害告白に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

柴田阿弥 イジメ被害告白が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

柴田阿弥 イジメ被害告白についてのニュース記事

元SKE48のメンバーでフリーアナウンサーの柴田阿弥(27)が10日、パーソナリティを務める文化放送「Society 5.0 香格里拉(シャングリラ)」で、自身の小学校時代のイジメられた経験を語ったほか、「SKE48の時は、私は一生、『阿弥ちゃんは和を乱す』って言われ続けて生きていくんだろうなって思っていました」と振り返った。

この日のメールテーマは「イジメってなくなると思いますか」で、柴田は「私も小学校の時に、イジメといっても殴られたりはなかったんですが、気づかないうちに男の子に髪を切られるっていうことがありました。運もよかったので環境を変えて、地元でない中学に行ってから明るくなったんですが、小2から小6までほぼ友達もいなかったので、それがのちの人生に係わってきてるんじゃないかなと思います」とイジメに遭った子どもの頃のことを語った。

さらに、SKE48時代に「和を乱す」を言われたことにも触れ、「SKE48の時は、私は一生、『阿弥ちゃんは和を乱す』って言われ続けて生きていくんだろうなって思っていました」と振り返った。柴田は2010年9月にSKE48の4期生オーディションに合格。13年の選抜総選挙で圏外から17位にジャンプアップし、14、15年はいずれも15位にランクインしたが、16年8月にSKEを卒業した。同9月から「セント・フォース」に所属し、フリーアナウンサーとしての活動を開始した。

またゲスト出演した脳科学者・中野信子氏は、「イジメをなくそうといっている呼びかけている人は、自分はイジメを絶対しないと思っている。でもその人の中にも、『イジメをしている人は排除してもいい』と思っていたり、イジメを是としている人そのものは悪であると断じる気持ちがある時点でもうそれは『排除』なんです」と語った。

またコロナ禍における“自粛警察”にも話が及び、中野氏が「今は、社会的なイジメも起きていますね。営業時間を短縮しているのに営業しているだけで店閉めろといわれたりとか。排除の感情はどうしても起きる。なぜなら人は自分の社会を守りたいから。そんな時には『この人も自分のソサエティを守りたいんだな』という気持ちで、攻撃してくる相手だけれど、その人の気持ちにもまずは寄り添うことができれば。難しいですけれどね」と語ると、柴田は「排除するのも人、人の立場に立って思いやることができるのも人。他者への想像力ですね」と答えた。また番組の後半では「排除という気持ちがすでにイジメだということ。わたしもニュース番組でおかしいということを言いますが、それが正義と思ってやってはいません。葛藤がありながらもおかしいと思うことは伝えなければと、変な矛盾があります」、「会社でパワハラ・セクハラなどに遭っている人は、耐える勇気があるなら声を上げる勇気を持ってもらえたらなと思います」などと語った。

 

ふむふむ・・・

柴田阿弥 イジメ被害告白について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

柴田阿弥 イジメ被害告白についての世間の反応

学校でのいじめの場合、いじめが苦になって不登校になったり転校した場合、被害者が泣き寝入りになる。
いじめたやつが出席停止になったり、示談が済むまでは加害者を進級も卒業もさせないなどの措置が必要。

AKBグループも坂道グループも、CDはグループ単位の発売とはいえ、選抜制だし毎回立ち位置が変わるから個人同士の戦いがある。選抜総選挙なんてその極み。

この人のことはおいといて

小さい頃に折られまくるとその後どこか人間不振が残る、気の毒。
ただ「和を乱す」って表現はとても的確な表現だ、とも思う。
そもそもこの子が有名になったきっかけは、
変顔レベルのアピールでカメラにアピりまくる所だったような。
見た人が困惑するほど物凄い眼力だった笑
カメラの絵を壊さない程度のアピールに留める子達の中でも異彩を放っていて、同じグループの子ならば背景なのに…と勘に障ったかもしれない。
ああした言動を注意するなら「和を乱す」と表現されるかも。
ただ、その傍若無人な爛漫さが面白さに繋がり話題をさらったし
そこが良くて大金つぎ込む太いファンがつき速報ランキング入り→注目の流れで運を掴んだのだから、一般では浮く性格も、芸能界には向いていたのでしょう。
SKEは元メンのイジメ暴露話がとても多い。
柴田さんもやはり、やりづらさを感じながらの活動だったとは…ガッカリ。

画像調べたら確かに「あのカメラ目線」は悪意って言うか意図的と言うか…一緒にやってるメンバーからしたら気持ちの良いものでは間違いなくないと思う。
和を乱すと言われても致し方ないのではないのだろうか…
イジメは絶対ダメだけど、「あのカメラ目線」も絶対ダメだよ。

初期のチームEは全くバラバラで、劇場支配人からも「このままなら解散した方がいい」と言われるぐらいに酷かったから、恐らくその頃の話なんだろうな。その後、組閣でチームK2に移って選抜にも入る中で色々と学んで、チームEに戻った時は初期のEメンとも仲良くやってたし。

>「会社でパワハラ・セクハラなどに遭っている人は、耐える勇気があるなら声を上げる勇気を持ってもらえたらなと思います」

今こういう事言うのは博多を馬鹿にした方にいじめられたのかな

コロナウイルスのやり取りに関しては、ちゃんとした考えを持っていると思う。少なくとも、まるっきり自粛できない狂った奴等や、そういったアホを必要以上に吊し上げるナルシストよりは。

とは言え、この人も、元SKEって肩書きだったり、SKEのときのことをネタにしないと相手にされない。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.