松井秀喜 背番号5について・・・

今話題になっているキーワード、松井秀喜 背番号5に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

松井秀喜 背番号5が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

松井秀喜 背番号5についてのニュース記事

【赤坂英一・ 赤ペン!!】毎年、こどもの日が巡ってくるたびに松井秀喜氏を思い出す巨人ファンは少なくないだろう。7年前の2013年のこの日、松井氏は東京ドームで巨人戦の試合前、長嶋終身名誉監督と国民栄誉賞授与式に臨んだのだ。

【写真】金色のバットを贈られた松井氏(左)と長嶋氏

テレビで生中継されている中、松井氏は印象的なスピーチを行った。

「私は、この賞を頂き、大変、大変光栄ではありますが、同じくらいの気持ちで恐縮しています」

そう切り出すと、先に受賞した衣笠氏、王・現ソフトバンク球団会長のような世界記録を作っていない。同時受賞の長嶋さんのように、日本中のファンを熱狂させたわけでもないと謙虚に話し、最後にこう締めくくった。

「今後、偉大なお三方の背中を追いかけ、日本の野球、野球を愛する国民の皆さまの力に少しでもなれるよう努力します」

松井氏は巨人時代からこどもの日と縁が深い。1992年の入団会見では「子供たちに夢を与え、球場に直接見に来てもらえるような選手になれるよう頑張ります」とコメント。落ち着いて語った姿は、とても18歳の新人とは思えなかった。

背番号55を背負ったこともあって、毎年球団主催のこどもの日のイベントに積極的に参加。1年目は平成5年5月5日と5並びだったため、背番号5の岡崎とともに、少年野球教室で子供たちを熱心に指導している。

もっとも、松井は入団当初、星稜時代につけていた5を希望。55は当時の日本記録だった王氏の年間最多本塁打55本を抜くように、という願いを込めて球団が選んだと言われた。が、松井本人は「それは新聞のヤラセです」と否定している。

岡崎の引退後、97年にFA移籍した清原が5をつけたときは、心底ガッカリしたらしい。松井は評論家となった岡崎氏に向かって「ぼく、ずっと5が欲しかったんですよ。てっきり岡崎さんに譲ってもらえると思ったのに」とグチっている。

しかし、ヤンキースでも背負った55は、完全に松井の代名詞になった。だからこそ、政府と読売も5月5日に国民栄誉賞の授与式を行ったのだ。

あれから7年、日本がコロナ禍に覆われているいまこそ、松井氏に力になってほしい、と思うのは私だけだろうか。野球自体ができない以上、力を発揮しようがない、と言われればそれまでだ。が、コロナ後の野球復興に向けて、松井氏が立ち上がってくれれば、日本のファンにとってもこれほど心強いことはない。

スポンサーリンク

松井秀喜 背番号5に関連するWiki情報

松井 秀喜(まつい ひでき、1974年(昭和49年)6月12日 - )は、石川県能美郡根上町(現・能美市)出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。現役引退後はニューヨーク・ヤンキースGM特別アドバイザーを務める。血液型はO型。
1990年代から2000年代の球界を代表する長距離打者で、日本プロ野球(以下:NPB)では読売ジャイアンツ、メジャーリーグベースボール(以下:MLB)ではニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した。2009年のニューヨーク・ヤンキース時代にワールドシリーズ優勝を経験している。同年、アジア人初のワールドシリーズMVPを受賞した。2013年には国民栄誉賞を受賞。愛称は「ゴジラ」。

 

ふむふむ・・・

松井秀喜 背番号5について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

松井秀喜 背番号5についての世間の反応

確かに松井が入団する前の巨人は50番代から出世して1桁番号になるのが多かったし、感覚はわかりますけどね。でもやっぱり松井とイチローが同世代で55と51を日米で背負った事で、この2つの番号に新たな価値を作った訳だし、何より松井の大きな背中には55番が良く映えたと思います。

結果的に55で良かった。
巨人の5番は他にも名前が出てくる。日本の5番もメジャーの5番も。
でも55番は松井だけ。巨人だろうが日本だろうがメジャーだろうが55と言えば松井。
イチローの51と共に唯一無二の番号になったと思う。

5だったら永久欠番でヤンキースでつける事は出来なかった。
日本でもヤンキースでも付けたから、より55のイメージが付いた。
本人も代名詞になったし、55は大事にしてると思う。

これは知らんかった。
ホームラン日本記録にあやかって55って、気に入っているのかと思った。
岡本の38も長嶋さんと原監督の番号から取ってなんてこぎつけてたけど結局25になったってことは気に入ってなかったみたい。

97年ってなるともう「松井秀喜=55」って定着してた時期だと思いますが、その時でも背番号5を欲しがってたのは意外でした

松井が55になってから、日本では55がスラッガーの代名詞にもなったよね。
そういう意味でも間違いではなかったと思う。

松井といえば、55そしてゴジラ。その後55番イコールで広島にいた赤ゴジラのようにゴジラというイメージ、筒香などホームラン打者がつける番号としても定着した。背番号を変えたかったのは初めて知った。ただ松井の活躍で55が本当に輝いていた。だからこそ長年空けていた55を太田に与えたときは賛否あったし。

松井さんの憧れが5だとは知らなかった。。
でも私は松井世代のど真ん中で、ドラ1で長嶋さんからクジ引かれた時からずっとファンで55は永遠に松井さんの番号だと感じます。
連続出場記録も塗り替えこそしなかったが、4番として胸を張れるほど試合に出てくれたし、日米通算にはなるが本塁打も安打も打点も、実は二塁打も超トップレベルの記録残してます!

背番号5が欲しかったという話は聞いた事がある
松井の本音として5番を背負いサードを守る
これだったとも言ってたな

入団が決まってテレビで長嶋監督と松井が会談があって、その時松井が背番号は5でサードを守りたいって言ってた記憶があるな。
その時岡崎がいるから奪うのは難しいみたいなこと言ってたような…

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.