東野圭吾 初電子書籍化の件がヤバイってマジ!?

今話題になっているキーワード、東野圭吾 初電子書籍化に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

東野圭吾 初電子書籍化が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

東野圭吾 初電子書籍化についてのニュース記事

これまで著作が電子化されていなかった作家の東野圭吾氏の著作7作品が、24日、電子書籍として配信されることになった。文藝春秋の発表文によれば対象作品はいずれも映像化され、なおかつ累計100万部を突破した作品となる。

【この記事に関する別の画像を見る】

電子化された作品は「容疑者Xの献身」「流星の絆」など7作品。購入できるのはKindleストア、AppleBooks、楽天Kobo、Reader Store、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto、BOOK☆WALKERなど。

東野圭吾氏のコメント
「外に出たい若者たちよ、もうしばらくご辛抱を!

たまには読書でもいかがですか。新しい世界が開けるかもしれません。

保証はできませんが。」

スポンサーリンク

東野圭吾 初電子書籍化に関連するWiki情報

東野 圭吾(ひがしの けいご、1958年2月4日 - )は、日本の小説家。大阪府大阪市生野区生まれ(本籍は東区玉造・現中央区)。本名同じ。

 

ふむふむ・・・

東野圭吾 初電子書籍化について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

東野圭吾 初電子書籍化についての世間の反応

あんなに紙の本にこだわってたのに、とうとう電子書籍にされたんですね!
ぜひ新刊でも電子書籍にしてほしいです!
そしたら重たい本を持ち歩かなくても、いつでもどこでも読めますから♪
あ、もちろん私は東野圭吾の大ファンであり、彼の本は私の財産として本棚に並んでますよ!

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.