東証 大幅続伸が残念!?

今話題になっているキーワード、東証 大幅続伸に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

東証 大幅続伸が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

東証 大幅続伸についてのニュース記事

【第1部】新型コロナウイルス感染者数の拡大に一定の歯止めがかかるとの見方を受けた米株先物の急騰を好感し、日経平均株価は前営業日比756円11銭高の1万8576円30銭と大幅続伸した。東証株価指数は51.17ポイント高の1376.30と、6営業日ぶりに反発した。
92%の銘柄が値上がりし、7%が値下がりした。出来高は16億7962万株、売買代金は2兆6994億円。
業種別株価指数は輸送用機器、電気機器、情報・通信業、化学など全33業種が上昇した。
個別では、トヨタの買いが厚く、ソニー、東エレクが大幅高となり、ファナックもしっかり。ソフトバンクGが大量の買いで急伸し、ファーストリテは堅調。富士フイルムがにぎわい、デンカは急騰し、武田は大幅続伸した。三菱UFJ、三井住友は買われ、みずほFGも値上がり。OLCが高く、JAL、ANAは締まった。わずかに、日通が緩み、クレセゾンは弱含んだ。
【第2部】大幅反発。東芝が買われ、川本産業、アゼアスは急伸。アイスタディも高かった。日本KFCは小幅安。出来高6016万株。
▽主力業種中心に値上がり
6日の東京株式市場は全面高となった。米ニューヨーク州で新型コロナウイルス感染による死者数の増加ペースが鈍ったことで米国株先物が時間外取引で急上昇し、東京市場でも買いが勢いを増した。日経平均株価は取引終了間際に一段高となった。
株価指数先物や時価総額の大きい自動車や電機など主力業種を中心に値上がりした。6日はインドや中国・上海市場が休場のため、「東京市場に買いが集中した」(銀行系証券)との指摘もあった。
一方、新型コロナの感染拡大を受け、政府は近く緊急事態宣言を発令する見通し。市場関係者からは、「緊急事態宣言が都市封鎖に直結しないことが投資家に理解され、相場が落ち着きを取り戻した」(インターネット証券)との指摘があった。
225先物は大口買いが断続的に入り、1万8650円まで買い進まれた。オプションはコールが軒並み急騰し、プットは全面安となった。

 

ふむふむ・・・

東証 大幅続伸について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

東証 大幅続伸についての世間の反応

コメント受付中

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.