木村拓也 全力プレー精神が衝撃的でヤバイ!?

今話題になっているキーワード、木村拓也 全力プレー精神に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

木村拓也 全力プレー精神が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

木村拓也 全力プレー精神についてのニュース記事

巨人の1軍内野守備走塁コーチだった木村拓也さんがくも膜下出血で亡くなってから7日で丸10年となった。現役最終年の09年に緊急捕手として10年ぶりにマスクをかぶったキムタクさんの自己犠牲、全力プレーの精神は着実にチームに受け継がれている。当時を知る巨人担当サブキャップ・片岡優帆記者が「見た」。

【写真】父の面影…父の背中追いプロの夢追う長男・恒希さん

あの日の衝撃は鮮明に覚えている。2010年4月2日の広島戦(マツダ)。試合前練習のグラウンド取材を終え、記者席に戻った直後だった。木村コーチがシートノックを打っている途中に崩れ落ちた。意識不明で救急搬送。5日後、37歳の若さで亡くなった。

私が巨人担当1年目の09年は主にファームを取材していた。この年が現役最終年となる木村さんは7月、打撃不振で06年の移籍後初の2軍落ち。この時の姿が忘れられない。G球場で1年目の大田泰示らと一緒になって泥まみれの猛特訓。「若い選手が頑張っているのに手を抜くわけにいかない」と日が暮れるまでノック、打撃で汗を流した。

すぐに1軍に再昇格を果たし、9月4日のヤクルト戦(東京D)で伝説が生まれた。11回に加藤健が頭部死球で交代して残りの捕手ゼロに。同点の12回に二塁から捕手に入った。10年ぶりの緊急マスクは自己犠牲の象徴的なシーンだった。

内、外野守る究極のユーティリティープレーヤーだったが「スタメンに対するこだわりがなくなったら野球をやめるしかないよ」と話していたのも印象的だ。最後までレギュラーを目指して猛練習していた。その上で途中出場ならチームのために役割を全うする。原監督が求める「個人より巨人」を体現した。近年の巨人では寺内、増田大が捕手の準備をするなど、思いは受け継がれている。

木村さんが広島の病院で亡くなった10年4月7日、阪神戦(甲子園)で中堅手でダイビングキャッチで勝利に貢献したのが現在の松本哲也2軍外野守備走塁コーチ。「タクさんのような全力プレーを」と継承し「木村コーチ」と同じ背番号「84」で若手に経験を伝えている。(片岡 優帆)

スポンサーリンク

木村拓也 全力プレー精神に関連するWiki情報

木村 拓也(きむら たくや、1972年4月15日 - 2010年4月7日)は、宮崎県宮崎郡田野町(現:宮崎市)出身のプロ野球選手(内野手・外野手・捕手、右投両打)、コーチ。
愛称は「キムタク」。

 

ふむふむ・・・

木村拓也 全力プレー精神について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

木村拓也 全力プレー精神についての世間の反応

芸能人のキムタクと同じなのでビックリしますよ。

感動して、震えた。こういうのを求める。そして
また、観に行きたくなる

日ハムに入団した時は捕手で入団した事。
日本代表に選ばれた時に一流の投手を相手にブルペンキャッチャーを買って出て玉を受けていた事。どのポジションでも一流の技術である事を原監督始め、皆んなが知る選手でした。

足のーはやさーは だーれにもまけなーい♪
風をきーりー走れ!キームーラーたくや!
もう10年か。。。
何年経ってもこの応援歌と殊勲打・好プレーをしたあとの
あの、ちょっと照れたはにかんだ笑顔は忘れられない。

(*・ω・)キムタクはカープ魂です

つい数年前だったような気がするんだけど、もう10年経つのか・・・

俺も女性になれる二刀流ですけど何か?

これトップニュース?

全然知らない人のご冥福を
心よりお祈りしました
(10年前に)

「キャッチャー きむらたくや!」
この試合、1塁側のベンチ上からLIVEで観ていたのが今でも自慢。
周りでは捕手でドラフトかかった小笠原なのでは?とか色々な声が聞こえてきたが、その驚きは球場内全体に広がった・・・
あらためてご冥福をお祈りします。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.