最強の3冠王について・・・

今話題になっているキーワード、最強の3冠王に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

最強の3冠王が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

最強の3冠王についてのニュース記事

3冠王とは同一シーズンに首位打者、本塁打王、打点王を1人の打者が獲得することだ。打者の最高の栄誉とされるが、難易度は極めて高い。NPBの84年の歴史の中で、7人の打者が11回記録しただけだ。そこで11例の3冠王を成績に注目し「3冠王の中の3冠王」を選んでみたい。()は2位との差だ。

【画像】「泣いてしまう」「字が上手で素敵」神宮球場のメッセージにファンが涙した実際のスケッチブック

○1938年秋:中島治康(巨人)
打率.361(.041)10本(5)38打点(4)
戦前唯一の3冠王となった中島治康。ただ、プロ野球は1938年までは2シーズン制で個人成績も別々だった。この記録は40試合制で記録されたもの。この記録を他の1年を通しての3冠王と同列で比較することは難しいため、参考記録とする。

○1965年:野村克也(南海)
打率.320(.009)42本(4)110打点(22)
1953年から58年までの6年間で中西太(西鉄)が4度、2冠王になり戦後初の3冠王は間違いないと言われたが、結局、3冠王には届かなかった。そして、野村が1965年に戦後初の3冠王に。阪急スペンサーとデッドヒートとなったが、シーズン終盤にスペンサーが事故に遭って離脱。野村が3冠王となった。野村は通算打率.277とアベレージヒッターではない。キャリアで1度だけ獲得した首位打者が3冠王に繋がった。

○1973年:王貞治(巨人)
打率.355(.042)51本(14)114打点(24)
王は1962年から72年までの11シーズンで10回2冠王を獲得。この間で王の3冠王を阻止したのはチームメイトの長嶋茂雄であり、広島の森永勝也、中日の江藤慎一や中暁生(利夫)、ヤクルトの若松勉だった。巨人V9の最終年の1973年、ついに王はセ・リーグで初の3冠王に。打率、本塁打、打点共に2位を大きく引く離す圧勝だった。

○1974年:王貞治(巨人)
打率.332(.010)49本(4)107打点(12)
巨人の連覇が9で途絶え、そして長嶋茂雄が引退した1974年。阪神の田淵幸一がキャリアハイの45本を打ったが、王は田淵を振り切って2年連続の3冠王となった。打点でも田淵が2位だったが、田淵に12打点の差をつけていた。この年、王は158四球、45敬遠という驚異的なNPB記録も樹立。まともに勝負してもらえない中での3冠王だった。

 

ふむふむ・・・

最強の3冠王について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

最強の3冠王についての世間の反応

敬遠・四死球の数が大打者の証じゃないかな?
バットやボールの違いもあるけど、そのシーズンは他の選手も同じ条件なわけだからやはり王さんだろうな。

時代が違うから比較する事自体がナンセンスだとは思うけど、全盛期の王さんはどう投げても打たれるって思われたんだろうなあ。
バースさんや落合さんも子供心に凄いなーって思ってたけど、やっぱり王さんかな。

1962年から1974年にかけて、王貞治さんは少なくとも打撃三部門のうちの2部門のタイトルを獲得していた。また四死球も100を超えていた。全盛期の王貞治さんはまず本塁打より一塁へ歩く姿を数多く見ていた記憶があります。
こんなイメージの打者は他にはバリー・ボンズしか思い当たらない、といえば王さんの全盛期を知らない人にもイメージができるかもしれない。

86年のバース。確かこの年は内野安打が2本しかなかった。それでシーズン最高打率をマークしたのだから、驚異的としか言いようがない。球宴付近でスランプに陥ってしまったがそれがなければ打率4割も夢ではなかった。89年のクロマティは長打を捨てて徹底的にヒット狙いで4割をキープし続けたが、長打と確実性をととてもなく高い次元で両立させた。まさに怪物。

色々な目線や色々な角度からみて色々な評価があって良いと思います。
言えるのは、この7人が本当に偉大だということです。

80年代は、プロ野球界三冠王連発で、三冠王が簡単にとれると錯覚を起こしてたかもね。

松中以来中々三冠打者は出ないな。やっぱり一番難しいのは打たない下がる打率かな。本塁打、打点は下がらないし2冠達成者は結構いるけど、率は功打者がいると一層難しくなるね。

単純な数字だけ比較すると落合、バースが抜きん出ているように見えるが私の中では73〜74年の王貞治が日本最強。この時期の王は、ちょっと神がかっていた。まともに勝負してもらえないなかでの三冠王という意味でも価値がある。当時、中日の与那嶺監督が「王は怪物よ。勝負する方が馬鹿ね」という言葉を残している。

残した数字のスゴさを見れば85年の落合が一番かと思う。
最初の三冠王の時の数字が三部門とも高くなくてケチをつけられたようですから、その後三年後に圧倒的な数字を残して二度目の三冠王獲得に繋がったような話を、記事で目にしたことがあります。

王さんの凄さは、今のMLBではやりの守備シフトの先駆けである王シフトを採られても、典型的なプルヒッティングである自分のバッティングを変えずに首位打者を取っていたことである。しかも生涯打率も3割を超えている。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.