新庄剛志 帰国報道がヤバイ!?

今話題になっているキーワード、新庄剛志 帰国報道に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

新庄剛志 帰国報道が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

新庄剛志 帰国報道についてのニュース記事

阪神、日本ハム、米大リーグで活躍した新庄剛志氏(48)が生活拠点としていたインドネシア・バリ島を引き払い、日本に帰国することが27日、分かった。

【写真】99年、巨人槙原の敬遠球をサヨナラ安打する阪神新庄

昨年11月に現役復帰を宣言し、トレーニングに励んでいる。すでに日本での練習場所の確保に動くなど、前代未聞のプロ球界復帰に本腰を入れる。

◇   ◇   ◇

新庄氏がプロ球界復帰へ、本腰を入れる。現役を引退した後、インドネシア・バリ島に居を移していたが、すべてを引き払って日本に帰ってくることが分かった。

本来は春季キャンプ前に帰国する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で延期。5月に戻る計画も立てたが、これもやむなく引き延ばされた。現役復帰に向け、バリ島ではウエートトレーニングをはじめ、キャッチボール、ティー打撃を続ける日々。ただ生きた球を打つ練習量が不足している状況という。そこで関係者が帰国後にマシン打撃ができる施設を確保するなど準備に入った。本人もコロナ禍の状況を踏まえながら、渡航、帰国のタイミングを見据えている。

新庄氏は19年11月12日に自身のインスタグラムで「みなさん、夢はあるかい!?」と呼び掛け、突然の「現役復帰」を宣言し、周辺をざわつかせた。その場では「1%の可能性があれば必ずできる」と投稿し、バットを振るなどトレーニングをする動画も寄せてカムバックをアピールした。

06年にリーグ優勝、日本一を遂げた日本ハムを引退してから、13年間のブランクがある。プロ野球界は前代未聞の復帰プランに懐疑的だった。ただ一方で、本人をよく知る選手、関係者から「これまでサプライズを起こしてきたからやりかねない」と本気度に納得する反応も聞かれた。

阪神時代には敬遠球をサヨナラ打にする離れ業をやってのけた。01年にイチローと日本人野手初の米大移籍、日本ハム電撃入団など数々のドラマを演じた。「記録より、記憶に残る選手」を地でいった男は今年1月下旬にも「あのグラウンドに、もう1度立ってみせようじゃないか」とコメントしていた。その言葉にうそがなかったことを裏付け、本人の覚悟を態度で示すのが、これまで10年以上も暮らしたバリ島からの引っ越しになる。

これまで「プリンス」「嵐を呼ぶ男」「宇宙人」など、さまざまな代名詞で表現された新庄氏。失敗も承知の上だろうが、生き方までは曲げられない。関係者には「ぼくは損得で動かないし、死ぬまで失敗を続けるかも。でもだれかを笑顔にさせられたら、ぼくはそれでいい」と伝えている。またまたアンビリーバブルな「新庄劇場」の幕が開く予感がしてきた。【寺尾博和】

○…新庄氏にとって、帰国する際の悩みの種は、愛犬ラナちゃん(ポメラニアン種)の存在だという。新型コロナウイルス感染拡大で離発着時の空港のチェックが厳しい状況で、一緒に帰国するのが難しいようだ。

18年本紙のインタビューで、バリ島での生活について「朝起きて、海行って、朝食食べて、犬の散歩して、また海いって…」と話していた。ラナちゃんとの散歩の時間がもっとも大切という説明だった。

現地で取り組んでいたモトクロス、エアブラシアートから手を引き、現在は収入も限られ、家賃月3万円のアパート住まい。最大の理解者? ラナちゃんと一緒に日本で暮らすために名案を模索している。

スポンサーリンク

新庄剛志 帰国報道に関連するWiki情報

新庄 剛志(しんじょう つよし、1972年1月28日 - )は、長崎県下県郡美津島町(現:対馬市)生まれ、福岡県福岡市南区育ちのプロ野球選手(外野手、内野手・右投右打)、タレント、実業家、クリエイター(商品プロデューサー、画家、YouTuberなど)、地方競馬全国協会 (NAR) の馬主。元妻はタレントの大河内志保。紺綬褒章受章(2007年)。
プロ野球選手として阪神タイガース、北海道日本ハムファイターズに所属した他、MLBのニューヨーク・メッツなどでもプレイした元メジャーリーガーでもある。阪神時代の1993年に記録した21歳8ヶ月での先発4番出場は球団の歴代最年少記録(2019年シーズン終了時点)。2001年に日本人野手初のメジャーリーガーとなり、2002年には日本人選手として初めてワールドシリーズ出場を果たした。2006年限りで現役を引退していたが、2019年11月27日付でNPBより自由契約選手として公示された。
愛称は「プリンス」「ツーさん」など(後述)。また、印象的なプレースタイルや言動、立ち居振る舞いから「記録より記憶に残る選手」とも称される。日本ハム時代は登録名を「SHINJO」としていた。表記法をイニシャル以外でのアルファベットとするのはNPB史上初であった。
2001年より2009年まで個人事務所・株式会社剛ゴーエンタープライズに所属し、所属期間の途中よりは事務所とアワーソングスクリエイティブが業務提携してのタレント活動等のマネジメントを受けた。2008年に株式会社レハサフを設立して、2013年の会社閉鎖まで経営した(後述)。タレント活動等のマネジメントを自社から受けていた期間を経て、以降のマネジメント契約先は、2012年はプラファー、2013年よりエージェントオフィスタクト、2018年よりZE MANAGEMENT。
2010年ごろにインドネシア・バリ島へ移住した。

 

ふむふむ・・・

新庄剛志 帰国報道について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

新庄剛志 帰国報道についての世間の反応

選手として復帰できれば一番だが、
無理でも野球界を盛り上げるポジションについて欲しい。

通用するかは別として、ワクワクする
テレビで見たけど、常人離れしているしバッティング以外は通用するのでは

姉ちゃんの為にって話していた新庄さん。
身体は鍛えていたようだし、もし本当に通用するのならDHでも代打でも守備固め要員でも。
育成選手や若手選手にはチャンスが減るかもしれないし、申し訳ないが、新庄さんにまだ価値があると思う。

頓狂だと「常識人」には言われるのだろうが、可能性がどうだろうと、周りが何と言おうと、やりたいことをやる。見事な生き方だと思う。心から尊敬するし、見習いたいと思う。

新庄には期待している。
やれば出来る、別にレギュラーではなければ復帰は出来る。
今の日本の野球界を盛り上げるなら新庄が居たら面白いね。
少し位遊び心があっても良いと思う。

年齢的に通用しない確率は高い。特に打撃は目の問題がある。イチロー、カズ、武豊と年齢を凌駕して活躍するアスリートもいるが果たして⁈ただ、新庄剛志という規格外の選手がどこまでできるか楽しみ。コロナで暗い日本を盛り上げてほしい。

自身の納得するまでやったらええ。
挑戦することは良いこと。
復帰できたとしたらまたここからプロ野球も盛り上がるだろうからね。
本気度を感じるけど客寄せパンダにならないことを願っている。

成功しても失敗してもどっちでもいい、新庄ならやってしまうかもとワクワクさせてくれるだけでも挑戦する意味はある。

彼の野球にかける情熱には頭が下がります。

好きなことを仕事にできるということは素晴らしいことだと思う。そのモチベーション、野球に対する気持ちを持ち続けることは難しいことだし、尊敬します。
新庄さんの性格上、目立ちたいということもあるように思うけど、野球界を盛り上げてくれる存在になってほしい。成功しても失敗しても本人には関係なさそうだけど、どちらにしても応援します!

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.