教習車 セダン 理由の件はマジ!?

今話題になっているキーワード、教習車 セダン 理由に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

教習車 セダン 理由が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

教習車 セダン 理由についてのニュース記事

すでに自動車免許を取得した人は、セダンの教習車で実技教習を受けているのがほとんどです。そして、「今どきセダンなんて売れていないのに、なぜセダンで練習しなきゃいけないの?」と思ったことのある人もいるかもしれません。なぜ現在でも教習車の主流がセダンなのでしょうか。

【画像】日本に無い車が教習車に!? 激レアモデルを見る!(44枚)

 

ふむふむ・・・

教習車 セダン 理由について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

教習車 セダン 理由についての世間の反応

車庫入れや転回、S字、クランク、教習所で練習する項目はセダンの方が視認性がいいので初心者にはやりやすいし、教官も説明しやすい。

教習指導員です。法令で教習車は試験車両と同等の物と決まっております。試験車両とは、免許センターの車両です。我が県でもそうなんですが、免許センターの試験車両は小さなセダンタイプです。
もし教習所の車両を変えたい場合、新たな教習車を免許センターに持って行き、審査を受けて許可が下りないと教習車としての使用が認められません。
そこまでやられると、正直免許センターの試験車両に似た小型のセダンを選ぶしかないですよね。
これが教習車がセダンばかりである理由です。

教習中は運転席から見るボンネットやトランクがめっちゃ長く感じたなぁ〜。 やっぱりセダンで練習しておくほうがいいと思う。 最近の車はカメラで幅寄せとか見れるけど感覚的に養っていたほうがいい。

はっきり言えば、ある程度大きい車で車両感覚を掴めないと軽にしか乗れなくなるから。
バックする時もトランクが見えないセダンなら後方の距離感を磨くのに最適。

教習所も会社なんで、コスト面も考えないといけないと思う。教習面から考えると、小さい車で、教えるよりは、ある程度の並みの大きさで慣れたほうが、卒業後の車の大きさで戸惑うことが減るからではないかと思う。コスト面、教習面から考えてセダンがちょうどいいからではないかと思う。suvとかは維持費がやはり小さい車と比べるとかかるし、教習所内で事故する可能性も高くなりと思う。セダンがちょうどいい。

教習車が多種多彩な車だったら困惑するね。
記事にあるようにセダンであれば後々に応用が効くとは思う。しかしながら、ペーパードライバーや、サンデードライバーもいるし、運転技術が未熟と感じるドライバーは増えたなぁ。
教習所も生徒不足になり、経営が厳しいとの話も聞く。
教習車を問題にする前に運転技術をもっと磨くカリキュラムを組んだ方が良いと感じる。

形が違えど、基本的な部分は割と一緒。
よっぽどバンやトラックのように前輪の上にシートがある車じゃ無けりゃ運転感覚はそうそう変わらない。
車として一番基本の形というの、なんとなく分かる気がする。

私の家族の車はセダンですが、運転しやすいし山道のカーブもスムーズに曲がる事が出来て安定すると言ってます。

今は女性も結婚した後に、ワンボックスカーを運転する人が増えていると思う。
車両感覚の無いまま、細い道で往生してるのを見ると、教習の一部に大きな車の運転も入れても良いと思う。

セダンを使うのは当たり前だよ、車長が全然違う。車幅だけじゃなく、オーバーハングやら色々と変わってくる。最近はフェンダーミラーが殆ど無いし、オートマ限定を取る人が多いだろうけど、やはりセダンで感覚を磨かないと、いざ街の中に出た時に困るのは目に見えてる。
あー、久々にマニュアル乗りてーな。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.