携帯型除菌剤 行政指導について・・・

今話題になっているキーワード、携帯型除菌剤 行政指導に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

携帯型除菌剤 行政指導が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

携帯型除菌剤 行政指導についてのニュース記事

二酸化塩素を利用した携帯型の空間除菌剤について、消費者庁は15日、「身に着けるだけでウイルス除去」などとうたった広告は根拠が乏しく、景品表示法違反(優良誤認)の恐れがあるとして、販売5業者に対し行政指導を行ったと発表した。

【写真】口元を透明化したマスク

同庁は「風通しのある場所では効果が得られない可能性がある」としている。

対象となったのは、首から下げて使用する空間除菌剤。消費者庁が根拠資料の提出を求めたところ、極端に狭い密閉空間で実験を行っていた。日常生活での利用環境とは大幅に異なり、同庁は「裏付けとなる根拠がない」と判断した。

 

ふむふむ・・・

携帯型除菌剤 行政指導について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

携帯型除菌剤 行政指導についての世間の反応

消費者庁には、アマゾンや楽天などで販売している(中国産の)次亜塩素酸水生成器と謳っている商品群にも注目してほしい。
人体に有害な要素がある次亜塩素酸ナトリウム生成器であるにもかかわらず、人体の消毒等にも使えると説明しているのは詐欺を超えて、健康被害を生じさせる犯罪行為なのではないかと危惧しています。

この手の商品を初めて見た時、日常生活の中で効果がある筈ないと思いました。
メーカーさん、効果があるなら是非説明を頂きたい。
この商品をビニール袋に入れたら、袋内は効果はある、だけでは説明になりませんよ。

ぶら下げている人をよく見ますが、効果は疑わしいと思ってました。
こういう医療に関わる悪質な便乗商法は、しっかり指導してもらいたいものです。

行政指導した5社について、事業者名、製品名等を公表してほしい。
パチンコ店とか公表しているんだし、コロナ関連は曖昧な表現は不安をあおられるだけ心配です。

今どきの企業は、金になれば「恥も外聞も無し」それが経済活動だと信じ込んでPR合戦、消費者庁の前に総務省に物申したいですね、昨今のCMなどは消費者の危機意識と不安感の心の隙間に入り込むような商品宣伝には辟易しますね、大した効果もないのに誇大広告も甚だしい、その企業に携わる人々も家族があり子供さんもいるのでしょうから将来を考えれば大袈裟な宣伝は出来ないと思うのですが、悍ましい限りです。

この指導、2回目ですよね?
数年前に同じ指導が出てたと思います。
結構報道されたので、市場から消えると思ってたのに、何も無かった様に販売が続けられたのを見て悲しくなったのを思い出しました。
日本企業もここまで落ちたか️
プライドは無いのか️

やっぱりね。
変だと思うものは、飛び付く前にどういう理論で効果が得られるのか確認した方がいいです。
そして二酸化塩素、毒性が高いです。

医師も空間除菌なんてものは無いと否定している。公然とこのようなものを販売するのは、しっかりと罰則付きで取り締まらないからだ。また、怪しげな、効果があるかも、というモノをトクホに準じた扱いで売るのもおかしい。厚生労働省はまともな仕事をしてほしい。

消費者庁の指摘の仕方が少しぬるい。風通しの良い場所で効果が無いと指摘しても、風通し良いならそもそも感染のリスクが低いからこの商品を否定する事にならないのでは?
極端に狭い密閉空間ってどのくらいだろ。会議室くらいで効果があるなら意味がありそうだけど、虫かごくらいの空間で実験してたら笑える。

少し前にはコロナに効くお茶とかも売っていて
逮捕されてる人も居ましたし

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.