布マスク 配布開始がヤバイ!?

今話題になっているキーワード、布マスク 配布開始に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

布マスク 配布開始が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

布マスク 配布開始についてのニュース記事

安倍晋三首相が表明した布マスクの全世帯配布が17日、東京都内で始まった。

郵便局員が各戸のポストに2枚ずつ投函(とうかん)し、洗濯方法などを記した案内文とともに国民に配られた。

東京23区で最も人口の多い世田谷区の郵便局では同日午前、局員らがオートバイにマスクを積み込んで出発し、次々とポストに入れた。同区駒沢の戸建て住宅でビニールに包まれたマスクを受け取った女性(81)は「思った以上に分厚い」と笑顔。実際に着用し、「もう少し大きい物が欲しかったが、文句は言えない」と語った。

4人家族という女性(34)は「家にマスクの在庫があるので寄付を考えている」と話し、開封を控えた。配達中の男性局員は「思ったよりかさばり、一度に持てる量に限りがある」と説明した。

今後、ほかの自治体や道府県での配布も順次始まる。日本郵便によると、当面は感染者数が多い都市部での配達が中心になるとみられる。

布マスクは1枚200円程度で、必要量の確保と配布に掛かる経費は約466億円に上る。多額の国費投入には与野党から批判や疑問の声が相次ぎ、「アベノマスク」などともやゆされた。

フリーマーケットアプリ大手メルカリや、インターネットオークションサイト「ヤフオク!」を運営するヤフーは、配布される布マスクの出品を禁止している。

 

ふむふむ・・・

布マスク 配布開始について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

布マスク 配布開始についての世間の反応

各家庭に届けられる布マスク2枚ですが
区役所、市役所や町村役場に回収ボックスを設けて
このマスクでもいいからと欲しがっている人たちに
不要な人の分を届けられるような仕組みを
作ってみてはいかがでしょうか。

配達員の皆様、ありがとうございます。

サイズが小さくて大人が使えないなら、医療従事者やスーパー、ドラッグストアなどで働かれているお子さん預かっている保育所の子供たちが、少しでも安全に所内で過ごせるよう、提供できる仕組みを市役所で作って欲しい

使えるようにリメイクする必要はあるかもしれないけど、ありがたく活用させてもらいます。
早く済ませてどんどん有効な策を実行して欲しい。

なんやかんや各々意見があるかと思いますが、これが配布されれば、「マスクが買えないから着けられない」という言い訳はできなくなりますよね。口しか覆えなくてもしないよりましです

数が多いので、通配と一緒に配達は無理だ。自分の配達区域全て終わらすのには、10日は必要かと思う。夜勤者に前2で手伝ってもらうのもいいかなと思う。

要らない……
我が家は、年中無休で花粉症で、日頃からマスクが家にあります。
コロナ流行前に、ストックが4箱あり、1箱は花粉症で困ってた友達にあげました。
今は、買い物以外外に出ないので、ほとんどマスク消費してません。なので、自宅には在庫があります。
布マスク配布されても使いません。必要な人、必要なところに配布していただきたい。

466億円の貴重なマスク。医療機関や収入減で困っている方々にこの予算を使って欲しかったけど、今となってはもう仕方ないことなので、このマスクをムダにしないように使用しましょう。

これさー、配達してくれる職員、正規、非正規問わずにちゃんも危険手当や休日出勤手当とか手厚くしてあげてよ。

配達業が忙しいのに、更にマスクなんて…と思うが
失職した人が配達仕事に就いてるかもしれないし、仕事があるのは良いこと。
小さなガーゼタイプ以外が届くといいな。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.