尾碕真花 涙がヤバイ!?

今話題になっているキーワード、尾碕真花 涙に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

尾碕真花 涙が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

尾碕真花 涙についてのニュース記事

女優の尾碕真花が「オスカル!はなきんリサーチ」(毎週金曜夜1:20-1:50、テレビ朝日※最終金曜と一部地域を除く)の新MCに就任。4月3日深夜に放送された初登場回で、事務所の先輩である小芝風花らの“ドッキリの洗礼”に、涙を流す場面があった。

【写真を見る】迫真の演技で後輩・尾碕真花を泣かせてしまった小芝風花

同番組は、映画や漫画などのカルチャーからグルメ、コスメ、ファッションなど気になる情報をリサーチするバラエティー。3月までは小芝、井本彩花と岡田結実がMCを務めており、4月から岡田に代わって尾碕が新MCとして登場した。

そんな尾碕は2000年12月2日生まれ、高知出身の19歳。2012年に「第13回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞し、翌年から2018年までアイドルグループ「X21」のメンバーとして活動した。

女優としても2016年から着実にキャリアを積み、スーパー戦隊シリーズ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(2019年3月-2020年3月、テレビ朝日系)でリュウソウピンク/アスナを演じ、脚光を浴びた。

3日の放送では、尾碕が初めての収録に挑んだ回が放送。先輩たちとの初めての収録に緊張気味の尾碕に対し、小芝、井本彩花、そして井森美幸が「小芝が悪女だったら…」というドッキリを仕掛け、尾碕がどんなキャラクターなのかを試すことに。

■ いきなり小芝が井本に注意

まず最初の仕掛けとして、本番前、全員がスタジオにそろったところで小芝が井本に対し「衣装(色)かぶってるよね」と難癖をつけ、井本が着替えに戻るというピリついた空気を演出。突然厳しい“上下関係”を目の当たりにし、尾碕も笑うしかないといった様子で戸惑う。

一方、小芝も舞台裏にはけると「緊張した~! あんな感じでよかったですか?」と“初めての悪女”演技に少し緊張した様子を見せつつ、「この後もお楽しみに! 頑張りまーす!」とどこか楽しんでいる雰囲気で仕掛け人への意気込みを語った。

その後、尾碕が気になるという「チャーシューがおいしいラーメン店」をリサーチしつつ、合間合間でカンペの位置を注意したり、試食の前に箸が出てくるのが遅いとスタッフに対して高圧的な態度を取ったり、先輩・小芝の迫真のワガママ演技に、尾碕の笑顔が徐々にこわばっていく。

しまいには「もう満腹。太りたくないので」と勝手に収録を終わらせようとした小芝を井森が注意し、そのまま口論になり、井森も小芝も怒ってスタジオを後にする…という最悪の空気に。

ひとしきりドッキリを楽しんだところで、小芝と井森がネタバラシに戻ると、スタジオのピリついた空気にたえられなかった尾碕は涙を流していた。

それを見た小芝は「やだ! うそ!」と慌てて尾碕のもとに駆け寄り、抱き着いて「ごめん!」とひたすら謝罪。井森、井本も謝罪し、必死に尾碕を和ませようとする、という展開となった。

尾碕は「ドッキリ!」というボードを見て「世界一これを待ってた…!」と安堵(あんど)し、「ドッキリやないかい! もう~ビックリした…」と涙ながらにツッコんでいた。

小芝の理不尽な立ち居振る舞いの感想を聞かれ、尾碕は「スタッフさんに謝ろうと思ってました。先輩が申し訳ないです…ごめんなさいって思ったし、役作りがすごい…」と気配りのできる後輩ぶりを見せ、一同をほっこりさせた。

オンエア後に、ネット上には「ドッキリとわかって号泣するなんて可愛いな」「女優怖っ!って思った(笑)」「真花ちゃんイイ子」「さすが演技派女優」といった声が上がっている。(ザテレビジョン)

スポンサーリンク

尾碕真花 涙に関連するWiki情報

尾碕 真花 (おさき いちか、2000年12月2日 - )は、日本の女優であり、アイドルグループX21の元メンバーである。高知県出身。オスカープロモーション所属。

 

ふむふむ・・・

尾碕真花 涙について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

尾碕真花 涙についての世間の反応

コメント受付中

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.