富川悠太アナ コロナ感染の真相がヤバイ?!

今話題になっているキーワード、富川悠太アナ コロナ感染に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

富川悠太アナ コロナ感染が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

富川悠太アナ コロナ感染についてのニュース記事

テレビ朝日系の報道番組「報道ステーション」(月~金曜・後9時54分)で月~木曜のMCを務める同局の富川悠太アナウンサー(43)が新型コロナウイルスに感染したことが11日、分かった。12日に同局から発表される予定で、13日から出演を見合わせる。2016年4月から古舘伊知郎氏(65)の後任として“テレ朝の顔”を務めている富川アナ。報道番組のMCが感染したのは初めてのケースになる。

関係者によると、富川アナは9日の番組終了後に体調不良を訴えたという。その後、PCR検査を受け、この日、陽性反応が確認された。

同局ではともに月~木曜のメインキャスターを務める徳永有美アナ(44)や番組で濃厚接触したとみられるスタッフら約20人を自宅待機に。金曜日のMCを務める小木逸平アナ(45)は「サンデーLIVE!」(日曜・前5時50分)にもレギュラー出演しているが、12日の放送は出演を見合わせる。月~金曜で出演している森川夕貴アナ(26)は10日の放送を休んだが、関係者によると「濃厚接触者ではなく、あくまで念のため」という。

緊急事態宣言や外出自粛要請などで在宅者が増える中、ドラマなどテレビ番組の視聴率は軒並みアップ。特に新型コロナウイルスの感染拡大を伝える報道番組や情報番組の注目度は各局とも著しく、報ステは世帯視聴率20%を超える日もあった。その看板番組のMCがまさかの感染という緊急事態。13日からの番組は徳永アナも出演を見合わせ、小木アナと10日に森川アナの代理も務めた森葉子アナ(33)の2人態勢で臨む。森川アナの出演は未定。

万全の予防対策を取っていた。報ステでは毎日出演者ら全体で打ち合わせを行っていたが、感染拡大とともに細かく5~6人の少人数に分けて実行。毎回終了後に行ってきた反省会も中止していた。局内もフロアの通気をよくしたり、各箇所に消毒用アルコールを設置。スタッフ同士も接点もなるべくなくすように努めていたが、それでも感染者は出てしまった。

富川アナは99年入社。元高校球児の爽やかさと持ち前の体力で、報道番組でリポーターを務めた。「疲れているのを見たことがない」(関係者)というバイタリティーで、昼に事件現場をリポートした夜にヘリコプターで夜景を中継するなど飛び回った。古舘氏の後任としてMCに就任する際は、39歳だったこともあり不安説も流れたが、ガッツと笑顔で夜のお茶の間に浸透。人気番組を支え続けてきた。

テレビ朝日では9日にグループ会社の30代女性社員の感染が確認されている。

◆富川 悠太(とみかわ・ゆうた)1976年9月3日、名古屋市生まれ。43歳。横浜国立大教育学部卒。99年テレビ朝日入社。同期は進藤潤耶アナ、武内絵美アナ。バラエティーから報道まで幅広く活躍。「報道ステーション」(04年4月)、「報道ステーション SUNDAY」(11年10月)に番組開始から出演し、16年4月からメインキャスターを務める。身長175センチ。

◆徳永 有美(とくなが・ゆみ)1975年8月14日、金沢市生まれ。44歳。大妻女子大卒業後、98年にテレビ朝日に入社。02年「スーパーモーニング」で人気を博し、04年から「報道ステーション」で1年間スポーツコーナーを担当。05年3月に「ウッチャンナンチャン」の内村光良と結婚し、同局を退社。2児の母。18年10月からフリーとして13年ぶりに「報道―」に復帰した。

 

ふむふむ・・・

富川悠太アナ コロナ感染について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

富川悠太アナ コロナ感染についての世間の反応

いやいや、代わりじゃなくて、キャスター二人もいりません…
他のメディアもワイドショーは
時間短縮してニュースだけ伝えてください!
わけのわからん専門家連れてきての解説もいらないので、厚生労働省がちゃんと出してる、検査数、感染者、症状別の中身をちゃんと伝えるだけで良いと思います
医師でジャーナリストの専門家?とかはいらないし
緊急事態宣言で人手がどうなったとかの取材や中継もいりませんよ

テレビを見ててずっと感じてたのが視聴者には感染予防の注意喚起を促してても
画面の中の彼ら自身の様子や取材光景、そこから読み取れる裏側の様子には
十分な対策がなされていないようにみえるということでした
彼らこそ日々の番組制作に追われてやるべき感染予防策や
自粛すべき部分を考えずおろそかにしていたという事の結果なんじゃないですかね?

コロナウィルスを報道しているニュース番組や
ワイドショーをみていて、テレビ局こそ3密で、感染のリスクが高いのではと思っていましたが、危惧していたことが起こりました。
富川さんの早いご回復を祈りますが、あらためて各局は、感染は他人事ではない。テレビ局もクラスターとなりうるということを認識してください。
これだけの機に、報道の在り方を変えてみてください。キャスターもコメンテーターも全員自宅割からのテレワーク。カメラマンは自宅待機。ディレクターさん達もテレワーク。ここまで行うとテレワークの限界も見えてくるし、テレビ局自体が8割削減が実現できます。

地方にてドライブスルー方式を検討してるとのこと。今すぐにでも実施し、日本でも行動抑制に効果があるんだという証明を早く出してほしい。
緊急事態宣言の7都府県で実施すれば、ほんとに出歩く人が少なくなることでしょう。その分、陽性判定も多いだろうから。
こうやって陽性判定がすぐ出ることによって、自主的に行動制限ができるし、休むことのできない最前線で働いてる職種の方々も、無症状だとしても休ませることができるのである。
ウィルスは感染さえ止めれば、いずれ宿主を失って消滅するんだという簡単な事を、もっと大々的に言わなきゃ分からないのか、理解してない人が多すぎるように感じる。

言いたい放題言ってきたら遂に自分の番が回ってきたようだな。絞られてる検査数の中にねじ込んでもらえてよかったな。検査数については散々批判してきたのに。受け入れた検査機関と検査技師に感謝して今までの言動を思い返して隔離されてくれ。同情はしない。

気をつけてと言ってるキャスターが感染してちゃお話にならないよ
それだけ感染は身近だって事だよね
軽度の感染者もどきは検査もしてもらえないから本人にもわからない
だから感染経路なんてわかるわけがない
全員検査にシフトを変えるタイミングが遅すぎるよ

これだけメジャーなニュース番組のキャスターが、まさかのコロナウィルス陽性とは。芸能界にもかなり浸透しているというか、もう感染ルートを追えない市中しているということでしょうね。こうなってくるとテレビ番組も成り立たなくなるレベルに近いだろう。ニュース番組ともなれば出演者らスタッフ、沢山の打合せが必要となる。正に3密の状態。それを大会議室で2m以上間隔を開けて打合せをするか、テレビ会議でもするしかない。テレビ界も早急な3密対策を求められそうですね。

テレビ観てると、どこも収録中は距離だけ取ってマスクしてないよね。本番前とかその後はマスクしてるかもしれないけど。
それで本当に大丈夫なんだろうかと疑問なんだけど。

アナウンサーも感染か
通勤時は全社員が公共交通機関ではなく自家用車を使用し
外での取材特にインタビューは一切中止
さらに放送中も必ずスタッフはマスクを付けた状態でするしかないんじゃない?

体調不良になったのは本当に番組終了後?
仕事を休む勇気とか言ってるが、実際は番組前から不調を感じてたのでは?

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.