宮川紗江 スポンサー契約

宮川紗江 スポンサー契約で高須院長の身内に??www

投稿日:

高須クリニックの高須克弥院長(73)が19日、自身の公式ツイッターで、体操女子の宮川紗江(18)とスポンサー契約を結んだことを報告しました。

 

高須院長は「宮川紗江ちゃんからLINEが来たぜ 身内になったぜ。かっちゃんのは身内を守るよ。なう」とツイート。

 

すると「こんばんは!今日、体操協会のスポンサー許可がおりました。高須クリニック宮川紗江と名乗れるようになりました。これからよろしくお願いします身内なうです」と宮川選手から送られてきたそうです。

 

宮川紗江さんと言えば、パワハラ問題でいまだ解決に至っていませんが、今後どうなっていくのでしょうか。

スポンサーリンク


宮川紗江 スポンサー契約で高須院長から救いの手

速水佑斗コーチは宮川紗江選手に暴力をしたとして無期限の登録抹消という処分を受けました。

 

この処分に納得のいかなかった宮川選手は日本体操協会の塚原光男副会長と妻で体操女子強化本部長である千恵子氏からパワハラを受けたと訴えました。

 

その後所属先のレインボーと契約解除をしています。

 

高須院長は6日にも、自身のツイッターで「速水コーチが暴力と認め謝罪し二度と行わないと昨日謝罪し宮川選手も暴力と認めた上で窮状を訴えているのですから僕は宮川選手を応援します」と堂々宣言していました。

 

その翌日には「体操協会のOKもらったら身内なう。」と宮川選手と笑顔のツーショットを載せています。

 

宮川選手も「体操関係者やファンの方や一般の方々、沢山の応援メッセージを頂き本当にありがとうございます。昨日、高須クリニックさんと正式に所属スポンサー契約を結ぶことができました。高須院長を始め応援してくれる全ての人達の為にも、感謝の気持ちを忘れず人生をかけて全力で頑張りたいと思います」とつぶやくと、応援メッセージがたくさん寄せられました。

 

強力な助っ人を味方につけた宮川紗江さん、ぜひ東京オリンピック目指して頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク


-宮川紗江 スポンサー契約
-,

Copyright© リトル情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.