太宰治の長女 死去の件はマジ!?

今話題になっているキーワード、太宰治の長女 死去に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

太宰治の長女 死去が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

太宰治の長女 死去についてのニュース記事

作家太宰治の長女で、津島雄二・元厚相の妻、津島園子(つしま・そのこ)さんが20日、東京都内の病院で呼吸不全のため死去した。78歳だった。告別式などは未定。津島淳・自民党衆院議員の母。

スポンサーリンク

太宰治の長女 死去に関連するWiki情報

太宰 治(だざい おさむ、1909年〈明治42年〉6月19日 - 1948年〈昭和23年〉6月13日)は、日本の小説家。
本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。左翼活動での挫折後、自殺未遂や薬物中毒を繰り返しながらも、第二次世界大戦前から戦後にかけて作品を次々に発表。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。戦後は、その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称されたが、典型的な自己破滅型の私小説作家であった。

 

ふむふむ・・・

太宰治の長女 死去について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

太宰治の長女 死去についての世間の反応

コメント受付中

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.