大阪 雨がっぱ買い取り方針がヤバイ!?

今話題になっているキーワード、大阪 雨がっぱ買い取り方針に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

大阪 雨がっぱ買い取り方針が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

大阪 雨がっぱ買い取り方針についてのニュース記事

大阪市の松井市長は、新型コロナウイルスの感染拡大で大阪の医療現場に防護服が不足しているとして、家庭で余っている雨がっぱの提供を呼びかけました。

「使用してない雨がっぱがある人、それから雨がっぱの在庫がある人、ぜひ、大阪府大阪市に連絡いただきたい」。大阪市の松井市長は、新型コロナを治療する医療現場で防護服の数がひっ迫し、ごみ袋などを代わりに使っている病院もあると説明。未開封の雨がっぱが余っている家庭や事業者があれば、医療従事者を感染から守るために、大阪府や大阪市に提供してほしいと呼びかけました。大阪府の危機管理室などが窓口になるといいます。また、松井市長は今後、大阪市淀川区の十三市民病院に入院している患者を他の病院へと移し、新型コロナに感染して酸素吸入が必要な「中等症」の患者のための専門病院にする考えも明らかにしました。

 

ふむふむ・・・

大阪 雨がっぱ買い取り方針について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

大阪 雨がっぱ買い取り方針についての世間の反応

子どもたちに図書カードの配布、雨合羽の呼びかけ、
大阪はできることを打ち出して実行する力がすごいですね。
こうやって奮闘している首長を見て、大阪の人達も
協力しようという気持ちになると思います。

近所の公園は人いっぱい…。ウイルスに雨ガッパで対応しなければいけない人達の事考えて…。ヨーロッパやアメリカで起きてることは日本では起こらないと思っているのか?平和ボケはいいかげんにして、今は家にいるんですよ!

大阪がこうだとすると、東京はもっとひどいはず。
でも、そういうニュースがないということは、
首都圏優先で回している可能性もある?
だとしたら、でも、首都だから仕方ないか……

大阪は次々と手を打ってる。今日のワクチン開発についての目処を発表してた。頼もしいね。東京ほどの資金はないが、数年来の財政健全化がこんな独自策を打てる機動力の支えになってるのだと思う。

マスク、防護服も安全保障物資として、これからは国内生産を保護しないとね。
こういうパンデミックだと、たとえ中国以外の外国で生産してても、その国で接収措置が取られたら、日本に来ない。

小池が自民党の公認が欲しくて、二階の顔を立てるために、何十万着分の防護服を中国に送ったって何処の週刊誌に書いてあった。
日本のために置いておけよ。
小池も自分のことより日本の事も考えろ。

「雨がっぱをくれ!」とは言ってません。「しっかり買い取りもさせていただきます。」と言われてますよ。そこまでちゃんと記載してください。

雨がっぱで大丈夫なの?防護出来るの?
批判してるのではないです。心配です。
家族が大阪で看護師をしています。

何をするにもすぐに動くねー。
素晴らしい。

そこまで追い詰められてるの・・・
安倍は何してるの!
優雅に部屋でくつろいでる場合か!

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.