大阪モデル 決定が残念!?

今話題になっているキーワード、大阪モデル 決定に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

大阪モデル 決定が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

大阪モデル 決定についてのニュース記事

大阪府の吉村洋文知事が5日、外出自粛要請解除に向けた大阪独自基準を示す「大阪モデル」について明らかにした。

【写真】大阪独自の「出口戦略」について語った吉村知事

この「大阪モデル」はSNS上でも大きな反響を呼び、日本のツイッターのトレンドに登場。「大阪モデルわかりやすい。大阪の知事は素晴らしいリーダーシップだな」「大阪モデルいいと思うな」「大阪モデル。数値目標があるのはわかりやすい」と言った声が上がった。外出自粛に向けた具体的な数字の明示に好意的な意見が多く見られる。

 

ふむふむ・・・

大阪モデル 決定について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

大阪モデル 決定についての世間の反応

リーダーが真剣に取り組み、PCR検査の絞り込みも極力行わなかったらしい。
その結果、感染に関するデータが積み上げられたとの事。
多くのデータを持てば、有効な分析ができ、新しい指針も立てられる。
数値目標に誤差があっても、その後の経緯で修正してくれるでしょう。
大阪は良いリーダーを選んだ。うらやましい。

このまま良いモデルとなれば流行語大賞にもなるかもですね。
発案力、意見力、何より府民を意識した対応が良いと思います。
昨日の会見にがっかりされた方は余計にそう感じるのではないでしょうか。

東京の夕方のニュースでどの解説員も大阪府知事が何かをやろうとするとケチをつけてくる。そんなに東京が偉いの?と思うし思い上がってる?ようにしか聞こえない。もう少し前向きに頑張れるコメントをしてくれんのかね。正確な情報を伝えなければ行けないが私はこう思うだけならいちいち不安を煽る言い回しはやめて欲しい。

ワクチンと特効薬が出来るまではつるべの
動きでやっていくしかない。
シーソーのように感染者と経済のバランスを
とって進んでいく。矢面に立つ知事は大変
だが共に歩んでいきたい。

数値目標設定した場合のデメリットはあるけど国がなーんにもしないから仕方がない。
何でもいいからやってみようということが今の政府には全くない。

府民を救うという信念に基づき、素早い発案と行動。素晴らしい知事ですね。
立案できない、後手後手での策しかとれない政府とは雲泥の差です。

昨日の安倍首相の会見と比べると、月とスッポン、雲泥の差。大阪モデル 素晴らしい。
コロナ禍が収まったら、まず第一に大阪府庁を訪れます。
そして「ありがとう。リーダーシップに乾杯!」と伝えたい。(by 神奈川県民)

具体的な数値を設定はわかりやすいけど、

批判ばかりして代案も出せないどこかの国会議員とは全然違うね。
素晴らしいです。

かつて戦国時代に突入した時も中央がドタバタと醜態を晒して、地方の大名が「もうあんたらの言うことは聞かん、勝手にルール作ってやっていくわ」という流れだったな。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.