大相撲夏場所 中止決定がヤバイ!?

今話題になっているキーワード、大相撲夏場所 中止決定に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

大相撲夏場所 中止決定が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

大相撲夏場所 中止決定についてのニュース記事

日本相撲協会は4日、理事会を開き、新型コロナウイルスの影響で2週間延期にした夏場所(24日初日、両国国技館)の中止および名古屋場所(7月19日初日、ドルフィンズアリーナ)の会場を両国国技館に移し、無観客開催を目指すと発表した。また、秋場所後に予定していた秋巡業の中止も決めた。

八角理事長(元横綱・北勝海)は「このたび、緊急事態宣言の延長が発令されたことを鑑み、ファンの皆様並びに関係者の皆様の健康と安全を確保するため、5月場所の開催中止を決定いたしました」とコメントした。

一方で、2週間の延期を発表していた名古屋場所についても「大人数による東京から名古屋への移動・長期滞在を避けるために、特別開催としまして、7月19日から8月2日、東京で行うこととし、両国国技館での無観客開催を目指す所存です」とリスク軽減のため会場を変更することを決めた。

そして、「一刻も早く現況が終息することを願うとともに、感染症による亡くなられた方とそのご遺族に心よりお悔やみ申し上げます。また、現在治療中の患者の皆様、ご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。そして全国各地で感染症の治療・ケアにあたられている医療関係者の皆様に心から感謝するとともにエールを送らせていただきます」と談話を発表した。

スポンサーリンク

大相撲夏場所 中止決定に関連するWiki情報

大相撲八百長問題(おおずもうやおちょうもんだい)は、2011年に発覚した、日本相撲協会の現役の大相撲力士による大相撲本場所での取組での八百長への関与に関する問題である。

 

ふむふむ・・・

大相撲夏場所 中止決定について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

大相撲夏場所 中止決定についての世間の反応

夏場所の中止は妥当かとは思うが、また、来場所も難しい判断を
求められるんでしょうね。
大変だと思いますが、できるだけ早く再開できるといいですね。

3月の春とは状況が違うので中止は仕方ないことです。
稽古もできてない上、館内の支度部屋、取組、土俵入りなどは密状態。
次の場所以降も情勢を見ながらということになるでしょう。

今回ばかりは仕方ない。3月場所とは比べてはいけない。部屋は密集だから常にクラスターの危機と隣り合わせ。相撲を楽しみにしていた人も今回の決断には納得したと思う。
新大関朝乃山も楽しみにしていたが、こればかりは仕方ない。7月場所が何とかできるようにしたいが、まだ分からない。

御英断だと思います。

7月場所を両国で無観客開催と言っても、(特に幕下以下の)力士の移動を電車のみってのをやめないと難しいんじゃないかな。

力士の中には怪我を抱えながら土俵に上がることも多々あるでしょうから、身体をケアする2ヶ月とプラスにとらえてほしい。

さすが、八角理事長、決断力がある。

移動が伴う地方場所はまだ無理だろうね。
まぁまだ「目指す」だから開催決定ではないが、少しは希望が見えてきたってとこかな。

理事長英断ですよ
無観客も大事ですが、今は力士や裏方さんを守りましょう

もし日馬富士やめてなかったら
足の治療に専念して全快に近い状態を想像してしまった。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.