大島康徳 抗議がヤバイ!?

今話題になっているキーワード、大島康徳 抗議に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

大島康徳 抗議が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

大島康徳 抗議についてのニュース記事

ステージ4の大腸がんを公表している野球評論家・大島康徳氏が22日、TBS系「爆報!THEフライデー」で2019年3月に放送された内容が「事実と異なります」と抗議したことを明かした。さらに「訂正と謝罪も公にすることが筋である」としたが、「残念ながらその申し出は受け入れていただけませんでした」とつづった。

【写真】大島氏 阪神・原口とガラケーでニッコリ記念撮影

大島氏は「爆報-」で、都内に建設した自宅(地上2階地下1階)の欠陥が明らかになり、裁判にまで発展した出来事を振り返った。そしてその自宅については取り壊し、建て替えを決意したことが放送された。だが「建築費用の公開はそもそも認めておらず拒否してきた」といい、さらに「放送された金額は事実とは異なります」という。

大島氏は、放送された直後から「内容について私どもは番組サイドに強く抗議」してきたという。「話し合いもつい二日前まで重ねて参りました」というが、納得いく結果には終わらなかったという。

4月に入ってから「家にお詫びに伺いたい」と話があったが、「密になることを避けなければいけない時期に何を仰っているのかと、ご遠慮願いました」と直接の謝罪を断ったことも明かした。

その後TBSの制作二部長、プロデューサー、ディレクターの連名で謝罪の手紙が届いた。大島氏はTBSの許可の元、この手紙の写真もアップ。だがこの手紙のなかの言葉についても「指摘ではなく抗議です」と不満をつづった。

そのうえで「TBSの不始末を苦痛を受けた私達が対処しなければならないというのはあまりにも理不尽」と大島氏。「プライバシーの侵害個人情報の意識に対しあまりにも鈍感であります。TBSには心から猛省してもらいたいと思います」と訴えた。

さらに「理解していた放送の主旨とは全く違うものとなっていて呆然として悲しかったです。見事に裏切られたとそう思っています」と不満をつづっていた。

スポンサーリンク

大島康徳 抗議に関連するWiki情報

大島 康徳(おおしま やすのり、1950年10月16日 - )は、大分県中津市出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)・監督、野球解説者。

 

ふむふむ・・・

大島康徳 抗議について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

大島康徳 抗議についての世間の反応

現在のテレビ、マスコミ、週刊紙、ワイドショーなど全般に言えることですが、視聴者からすると本当に全て真実なのかは疑問です。
例えばワイドショーの写真なども違う写真を使用したり週刊紙もゴシップもあるし。
テレビなどが、どれだけ影響力があるか発信しているテレビマンが分かっていないです。

事実と異なることをやるのは演出ではなくヤラセ。
特に、出演者の意向なく勝手に番組で話を作るのは、でっちあげで最低の行為。
番組放送前には修正に応じないのは手間がかかるからで、放送してから謝罪すればいいと思っている。

週刊誌の裏ネタの様な番組だからね、期待の演出も有ると思います、取材を受ける時に番組は選ばないと、イメージを気にされるなら尚更ですよ、あの番組ってどうも弱ってる方にゲサにスポット当てる様な感じで個人的には見ないですね、ニュースの時間にしてます。

ケンミンショーなどバラエティ番組でも、インタビューで
しつこく聞かれた人が会社にいた。
おいしいものは何かと聞かれ、食べたことないものを、しきりに
言わせようとする。何度も同じこと聞かれたとのこと。
そんなもんだよ、TVなんてヤラセ。マスコミが真実を報道すると
思ったら大間違い。都合のよい部分を切り取って報道するもの。
検事ともズブズブだったのは当然だと思った。
正義の象徴ではなく、扇動の象徴がマスコミ。

TBSの話を聞いてみないことには何とも言いようがないけど、TBS側の確認不足であったことは否めなさそうです。
バラエティー番組の取材なんて、きっとテキトーなんだろうなと。
ワイドショーにしても、こちら(番組側)の作りようで如何様にでもなりますよみたいな驕り、特権意識はなかったかと。
もう個人叩くんじゃなくて、メディアをしっかり監視した方が、トータル的には国民の幸せにつながるのではないでしょうかね。

真実なら、番組は打ち切りにすべきかと。
人の話はどこまででも脚色して追っかけるけど、自分たちにはどの局も激甘ですからね。

番組の中で放送すると言うことは友人との会話の様なものではなく局にもよりますが全国に流されることになります。
しっかりした調査をしてからにしないとダメですしまたこの内容で放送しても良いか確認を取る事ぐらいはしないとダメだと思う。
会社のコンプライアンスはどうなっているのか疑問に思います。

TBSは澁谷医師の誤報があったばかりで、今回の件も根っこは一緒。
BPOで確り審議して、その結果を踏まえて経営陣は責任をとるべき。
体質だと思うし、感覚が麻痺しているのだと思います。
明朝はサンモニがあるが、報道機関としての良心やプライドが欠片でも残っているのであれば、偏向ではない、公平中立な放送をお願いします。

制作者と取材対象者のコミュニケーションの問題も大きい。
現場Dの資質の問題だと思う。

テレビ局(制作会社)のタチの悪さは今に始まったことではない
ただあくまで個人対建設会社の個人的トラブル(社会的問題の側面は
あるが)を片方の主張だけを一方的に流して貰ったり、売れない芸人の
息子を取り上げて貰ったりと大島氏にもメリットはあったはずなんだけど。再築した家にかかった費用っていうのも視聴者には関心のあるところで、そこだけを取り上げて欲しくないっていうなら取材に応じなければ良かったのでは?

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.