和久田麻由子アナ 桑子真帆アナの真相がヤバイ?!

今話題になっているキーワード、和久田麻由子アナ 桑子真帆アナに関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

和久田麻由子アナ 桑子真帆アナが話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

和久田麻由子アナ 桑子真帆アナについてのニュース記事

新型コロナウイルス禍でニュース番組の視聴率が軒並み高くなる中、NHKの女性アナの2トップ、和久田麻由子アナ(31)と桑子真帆アナ(33)のトレードの行方が注目されている。

【写真】会見で談笑する桑子アナと和久田アナ

これまで『おはよう日本』で“朝の顔”だった和久田アナと、『ニュースウオッチ9』で“夜の顔”だった桑子アナの大型トレード。

和久田アナが初登場した3月30日の「ウオッチ9」は世帯視聴率21・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。

「和久田アナへの関心の高さですが、新型コロナの脅威が広がって以降テレビ各局の報道番組は軒並み視聴率が20%近くに伸びています。そんな中で和久田アナの登場は視聴率競争をさらに激化させるでしょう」とテレビ誌編集者。「桑子アナの『おはよう日本』も数字を落としてはいないが、他番組が伸びているので視聴率ランキングに入らない」とも。

女性アナ事情に詳しい週刊誌記者は「桑子アナはさわやかな色合いの衣装が増え、コケティッシュだったこれまでとは違う一面を見せています。愛くるしいたたずまいは意外にも朝にはまっています」とみる。

和久田アナは「シックな装いが多くなり、クールビューティーさが一層際立っています。落ち着いた雰囲気と確かなアナウンス力ですっかり“夜の顔”として定着。少し眉をひそめる表情はフジテレビの三田友梨佳アナと並んで両巨頭です」と指摘する。

和久田アナにはこんな声も聞こえてくる。

「ひとりで『ウオッチ9』を仕切れるのではとの声があがっています。相方の有馬嘉男キャスターは、天然タイプの桑子アナとのコンビでは存在感がありましたが、しっかり者の和久田アナではかすんでしまっているのです」とNHK関係者。

 

ふむふむ・・・

和久田麻由子アナ 桑子真帆アナについて、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

和久田麻由子アナ 桑子真帆アナについての世間の反応

わざわざ影が薄くなったと書かないであげてください。
女子アナを目立たせてあげてるなら、それはそれで素敵な男性アナだと思います。

有馬さんはアナウンサーでは無くて報道記者からキャスター、目立たない魅力的な人です。

有馬さんのファッション、着こなしがいつもこなれていて素敵です。とても、参考になります。11時の頃の白のラルディーニのジャケパン姿も、また、見たいな。

NHKは、朝の桑子・近江、夕方の上原、夜の和久田・井上の全員が(民放のタレントもどき女子アナとは異なり、アナウンス力に定評がある)きちんとしたプロのアナウンサーであり、それでいて其々キャラが立っている。

和久田アナは綺麗なお顔立ちとはきはきした喋り口調がとても好感度が高いですね。
桑子アナもおっとりとした雰囲気がとても好きだったんですがね。
どちらの女性ともバランスよくこなせる有馬キャスターはさすがだと感じてます。

ニュース番組だからキャスターは別に目立たなくてもいい。
なんの違和感なくそれぞれのニュース番組見てるが、こういう煽るような記事は、さすが天下の夕刊フジ、東スポに近づいてきた感じですね。

影が薄いなどと失礼な。アナウンサーと記者では物の見方、捉え方等が根本的に違うから。原稿を読む時の事大主義的、所謂NHK的か、事実を冷静に受け止めようとしているかの違い。よくあるでしょう、寡黙の人をネクラという人。それと同じ次元の話。

初日だけ、朝の番組にしては原稿読みがスローな桑子さん、夜の番組にしては元気すぎる和久田さんを心配したけど、2日目からは難なく。

何れにしても両アナウンサーは勿論、NHKのアナウンサーは品格がある。話す態度、言葉の使い方、相方への配慮、表情の間合い等々すべて満点に近いです。民放のアナウンサーは美人ではあるが、心の美人ではない。品格がない。

こういう記事を書く人っていつも一言余計。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.