厚労省 とくダネ報道否定の真相がヤバイ?!

今話題になっているキーワード、厚労省 とくダネ報道否定に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

厚労省 とくダネ報道否定が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

厚労省 とくダネ報道否定についてのニュース記事

厚生労働省は11日夜、今月8日にフジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)が伝えた新型コロナウイルスやPCR検査に関する放送内容を公式ツイッターで否定した。

番組中、医療ジャーナリスト・写真家の伊藤隼也氏が「厚生労働省は本気でPCR検査をやろうとしていると思えない、正直言って。例えばですね、昨日、とんでもない資料を手に入れたんですけどね。厚生労働省はPCR検査だとか、いわゆる感染防止のために使うものを補助金を出しているんです。これ、特定のメーカーを名指ししてですね、行政が使っていないものは使っちゃダメだとか、とんでもない通達、通知を出しているんですね。例えば、皆さん、驚くんですけどね、日本は全自動のPCR機器をフランスに輸出して大活躍したと、駐日フランス大使から感謝状までもらっているんです。こういう機器をどんどん入れればいいのに、厚生労働省は本気でPCRを増やしたいと思っていないと僕は思いますね」と発言した。

厚労省の公式ツイッターは「一部報道において『厚生労働省はPCR検査だとか、感染防止のために使うものを、補助金を出しているが、特定のメーカーを名指しして、行政が使っていないものは使ってはいけないという通知を出している』とのコメントがありました。厚生労働省は、都道府県の必要な感染防止や医療体制の整備等を進めるため、4月30日に新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金に関する通知を出しております。この中で、『行政が使っていないものは使ってはいけない』旨の記載はなく、例えば、民間機関におけるPCR検査機器の導入補助のためにも活用可能です。また、行政検査及び医療保険適用により行われるPCR検査については、その緊急性に鑑み、薬事法上の承認がなくても、精度確認などがとれた検査方法は、可能としています」とした。

 

ふむふむ・・・

厚労省 とくダネ報道否定について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

厚労省 とくダネ報道否定についての世間の反応

発言内容に間違いがあったなら、本人から謝罪させるべき。
厚労省の言い分が間違いならば、厚労省が謝罪すべき。
いい加減な対応でうやむやにすべき事では無いと思う。

「グッド!モーニング」に出演したベルギーから一時帰国した医師が、「自分は無駄にPCR検査をするべきではない。」とインタビューしたのに、切り取り編集で、「ヨーロッパよりPCR検査が少ないので、増やすべき」と言ったように真逆に編集されたとSNSで訴えている。

とくダネだけじゃなく今回はどこも報道がひどい。

全くのウソなのであればきっちり反論するのはいい事ですよ。
次はジャーナリストの方が資料を公開する番ですね。

いつもの伊藤隼也のデマでしょうね。
医師免許や医療従事経験もない、「自称」医療ジャーナリストを使うテレビ局も悪いと思います。

厚労省の言っていることが正しいとすれば、政府攻撃と国民の不満を煽る報道をする理由を知りたい。
既に中国の全世界に対する宣伝戦や韓国のメディアによる政府礼賛の宣伝戦が盛んにおこなわれていることは周知の事実。
日本への敵対勢力や現政権への敵対勢力が宣伝戦を仕掛けるためにデマを垂れ流している可能性がある。
放送倫理委員会で調査すべき案件。

その「とんでもない資料」の出所を明らかにするべき。
マスコミやワイドショーが騒ぎ立てるせいで過剰反応する輩がいる。
自粛警察もある意味被害者かもね。

国の対応もどうかとは思うが、陰謀論の類を平然と公共の電波に乗せるフジテレビほかマスコミはいい加減にしてほしい。人の命に関わる問題という意識があるのか?

さぁどっちの言っていることが正しいのか、ちゃんと検証しようぜ。
これ放送側が間違っていたら、司会者は脱帽して謝る事案だぜ。
厚生省が間違っていたら、局長レベル更迭事案よ。

別の記事→「2ちゃんねる」創設者の西村博之(ひろゆき)氏(43)が10日放送のフジテレビ「Mr.サンデー SP」(後8・00)に居住地・フランスからリモート出演。同国のPCR検査について、「千葉県の日本の会社が作っている、PCR検査を自動化する機械をガンガン投入」していると説明。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.