前田俊明 死去について・・・

今話題になっているキーワード、前田俊明 死去に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

前田俊明 死去が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

前田俊明 死去についてのニュース記事

川中美幸(64)の「二輪草」や山川豊(61)の「函館本線」などを手がけた編曲家の前田俊明(まえだ・としあき)さんが、17日午後4時44分に亡くなっていたことが19日、分かった。70歳。死因は明らかになっていない。葬儀は家族葬で営まれる。

関係者によると、昨年11月末に入院。医師から「年を越せるかどうか」と告げられていたという。懸命の闘病で持ち直したものの力尽きた。

1949年、東京都台東区生まれ。小学5年でギターを始め、明大マンドリンクラブで作曲家の故古賀政男さんに師事した。23歳で作編曲家としてデビュー。その後、数百曲の編曲を手がけ、演歌界有数のアレンジャーとして活躍した。

92年に藤あや子(58)の「こころ酒」で第34回日本レコード大賞歌謡曲・演歌部門の編曲賞を受賞した。作詞・水木かおる氏、作曲・弦哲也氏による「二輪草」は98年に発売され出荷100万枚を記録した。

スポンサーリンク

前田俊明 死去に関連するWiki情報

前田 俊明(まえだ としあき、1949年10月16日 - )は、日本の作曲家、編曲家。
東京都台東区下谷生まれ。明治大学付属明治高等学校から明治大学に進学し、在学中は明治大学マンドリン倶楽部に所属。出身。古賀政男・舩木謙一・猪俣公章に師事。
1981年(昭和56年)山川豊「函館本線」で第23回日本レコード大賞・新人賞、受賞第12回日本歌謡大賞・放送音楽新人賞受賞。1990年(平成2年)伍代夏子「忍ぶ雨」で第21回日本歌謡大賞・放送音楽賞受賞。1992年(平成4年)藤あや子「こころ酒」で第34回日本レコード大賞歌謡曲演歌部門・編曲賞受賞。1998年(平成10年)川中美幸「二輪草」で第40回日本レコード大賞・編曲賞受賞など。

 

ふむふむ・・・

前田俊明 死去について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

前田俊明 死去についての世間の反応

素晴らしい歌有難うございました..
別記事で脳の腫瘍だということだが、コロナウィルスも多少のダメージがあったとも思えます。

お疲れ様でした。安らかに。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.