内海桂子 入院が衝撃的でヤバイ!?

今話題になっているキーワード、内海桂子 入院に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

内海桂子 入院が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

内海桂子 入院についてのニュース記事

東京演芸界の重鎮で、現役最高齢漫才師の内海桂子(97)が、歩行困難などの症状のため、都内の病院に入院していることが6日、分かった。関係者によると、病気や体調不良ではないというが、自力歩行が出来ず独力での生活が困難なことから、今年1月末ごろから入院しているという。内海は2010年8月に公式ツイッターを開設し、基本的に毎日更新してきたが、4月14日を最後に更新がなく、ネット上で心配の声が上がっていた。

【写真】4年前、元気に自力歩行し、舞台に立っていたころの内海桂子

日本演芸会の重鎮で、97歳にして現役で舞台に上がり続けてきた内海が、“体力の限界”を迎えていた。

所属事務所の関係者によると、内海は今年1月11~19日に、ホーム劇場である東京・浅草の東洋館で上演された、漫才協会の興行「漫才大行進」の中席に出演。その際も、弟子たちに体を抱えられながら舞台に上がり、「こんな状況なので、ごあいさつだけ…」とし、他の芸人が行う芸を見て話をするのみだった。

その後、独力での歩行が難しく、日常生活を送るのが困難なことから、都内の病院に入院した。関係者は、内海が2年ほど前にタクシーに乗ろうとして足を骨折して以来、下半身の衰えが顕著だったことを明かし、今回の入院を「リハビリを兼ねたもの」と話した。

さらに「ご高齢ですから、街中に出て、インフルエンザなどにかかられても大変なので、その予防という意味もあったということです」と説明。期せずして入院後、日本中に本格的なコロナ禍が押し寄せたが、内海は罹患していないという。

内海は1999年に、24歳年下のマネジャー・成田常也氏と結婚。ツイッターは成田氏の勧めで開始したが、成田氏も現在、体調不良により、内海とは別の病院に入院しているという。

内海の入院については、4日のニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜、前11・30)に電話出演した弟子のナイツ・土屋伸之(41)が「ちょっと前に入院して、それからずっと病院ですけど…。でも、頑張ってるということで。心配ではあるんですけどね」と明かしていたが、詳細には触れていなかった。

スポンサーリンク

内海桂子 入院に関連するWiki情報

内海 桂子(うつみ けいこ、本名:安藤 良子、1922年9月12日 - )は、日本の芸人、漫才師、女優。漫才協会名誉会長、マセキ芸能社所属。

 

ふむふむ・・・

内海桂子 入院について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

内海桂子 入院についての世間の反応

かっこいい女性だ
高齢者とかいうくくりかもしれないが
とにかくかっこいい
ナイツが師匠をいじっているところが
愛を感じた

去年辺りから、着物も洋装に変えて舞台に上がってた。
和服の重さが大変だったみたいだけど、急激に老が進んだから心配してた。
100まで頑張る、と常に言ってた。頑張ってほしい。

毎日更新されるTwitterを楽しみにしておりました。更新が途絶えて、もしや体調を崩されたかと心配しておりましたが、リハビリを兼ねた入院とのこと安心しました。また、粋でクスッと笑ってしまう呟きを楽しみにしております。1日も早くお元気になられますように....

もう数十年前ですが新大阪の駅で拝見して声をかけさせてもらった時快く写真撮影に応じていただいた事を今でも鮮明に覚えています。
重鎮なのに凄く気さくで良い方だなぁと思ってそれからファンになりました。

旦那さんまで入院とは、心配です。
やっぱり足は大事なんですね。ちょっとした事でつまずいて転んだだけでも大事に至ってしまうので・・・桂子師匠、旦那さんもそばにいないのでは心細くないかそれも心配です。

未だに現役なのが凄い。今はコロナで迂闊に外にも出られず体を動かすこともできないので急速に衰えてしまうのが怖い。いつまでもお元気で居てもらいたいです。

隣のおばあちゃんも転んで足悪くしてから自力で動くのが大変みたい。
確か同じ歳。
今も体は元気で口も元気だけど自分で歩けないのだそう。

高齢者は足を悪くして入院すると、そのまま認知症になるリスクが高くなる。年齢が年齢だけに、足が回復するのは厳しいって思う。師匠のお世話していた旦那さんも入院しているのが厳しい。

97歳と言ったらもう体力の限界とかいったそんなレベルではないと思います。
コロナにはくれぐれもお気をつけのうえ、ご自愛いただきたいと思います。

ナイツは師匠といってもどう思ってたかわからない。でもナイツは内海桂子を浅草の重鎮であることを発信し続けていた。
昭和の時代から知っている自分にとっては、師匠の全盛期を知らない世代にもわからせようとしていたナイツは師弟愛を感じる。それがディする内容であったとしても。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.