全国高校総体 中止がヤバイ!?

今話題になっているキーワード、全国高校総体 中止に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

全国高校総体 中止が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

全国高校総体 中止についてのニュース記事

全国高校体育連盟は26日、電話会議による臨時理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大で、8月に開催予定の全国高校総合体育大会の夏季大会を中止すると決めた。関係者が明らかにした。全国高校総体が始まった1963年以来、中止は初めて。

今年は延期された東京五輪と日程が重なったため、30競技を21府県で分散開催する予定だった。

3月には全国高体連加盟の24競技が予定していた全国大会を中止。4月に入って全国高体連は専門家に助言を求めたところ、全国高校総体が30競技で約4万人の選手や役員、60万人以上の観客が移動する大規模イベントで、新型コロナウイルスの感染拡大が起きている状況では、予定通りの開催は困難と指摘されていた。

今年の高校スポーツの全国大会は、国体と一部競技の全国大会が残されている。各都道府県ごとの総合体育大会は都道府県高体連が開催を判断するが、すでに一部で中止が決まっている。

 

ふむふむ・・・

全国高校総体 中止について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

全国高校総体 中止についての世間の反応

本当に複雑な気持ち。なんとか開催してほしかった。最近、インターハイ中止になったらどうなるかな?と考えることが多かった。去年不甲斐ない成績を残して今年のインターハイにかけていた人。今年はインターハイ出たいと思って頑張って練習してきた人。インターハイがあると信じて休校中も自主練に励んでいた人。そんな人が大勢いると思うと胸が痛くなる。
悲しい思いでいっぱい。

今の状況ではしかたないと思います。
運動部だけでなく、文化部だって活動や発表の場を失っています。
今回のことで、スポーツ、エンタメなどが必需品ではないという現実を突きつけられました。健康や平和であってこそのものなのだと、わかっているようで分かっていなかったのかもしれません。このような結果になりましたが、部活動ができることがどれだけ幸せで平和なことで、当たり前ではないということを改めて知らしめ、究極の教育の場となったのかもしれません…。
一刻も早く、活動が再開できることを願うばかりです。

ほぼ95%くらいのアスリートが高校で現役生活を終える。この先本気で戦える公式戦はない。何万時間と費やして磨き上げた成果を誰にも見せることなく、永遠の終わりを迎える。命のためとはいえ、なんてむごい仕打ちだろうね。本当に可哀想。

こうなると予測されたとはいえ、やりきれない。運動に関する部活動は今日で引退を意味する生徒が大多数。国体なども出来ても一部の生徒さんだけになる。
3年生は切り換えたくてもしばらく厳しいと思う。心のケアの体制をしっかり。
あと、高校野球は特別だと考えないで下さい、高野連とこの記事の発信社様。

これで最低8月までの高校スポーツはすべて中止になるでしょう。
野球も決して例外とはならないでしょう。とにかく高校3年生たちへの心のケアを教育関係者はしっかり行わなければならないと思います。す。

開催が無理なのは明らか…
しかし、インターハイを目指すもめざさないもやりきれない…
これを糧にと簡単に言う大人もいますが、部外者は黙ってください…
これで人生狂う子供も少なくないのをどこまでケアしていけるのか?
子供ががまんするなか、自分勝手な大人の行動もあり、収束は遠い現実…
スポーツだけでなく他の部活や勉強頑張ってる子供たちのためにも今年の一年は失われた一年になりますので、なかったことにするのもありではないですか?
お金は、将来の日本を背負って立つ子供のために教育期間に使ってください!

現在軸で考えると、当事者の高校生や指導者は無念だと思います。

>8月に開催予定の全国高校総合体育大会の夏季大会を中止すると決めた。

中止の決断をした人もやむを得ない判断だったと思います。この後、夏の甲子園、秋の国体や高校駅伝等を目指している高校生のモチベーションを保つのが大変。いつ収束方向に転じるかわかりませんが、今できることを積み重ねていくしかないですね。

高3の皆さんが本当に気の毒です。
いっそ、春進級予定だったのを、秋進級、進学にして、勉学もスポーツも1から打ち込める体制にしてあげてほしい。
このままでは来年受験も無理では。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.