元巨人・寺内崇幸 回想の真相がヤバイ?!

今話題になっているキーワード、元巨人・寺内崇幸 回想に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

元巨人・寺内崇幸 回想が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

元巨人・寺内崇幸 回想についてのニュース記事

巨人で12年プレーし、現在はルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスを指揮する寺内崇幸監督は現役時代、ユーティリティプレーヤーとして活躍した。本職は遊撃手だが、二塁手としても多くの試合に出場。セカンドで自信を持ってプレーできるようになったのは、巨人の1軍内野守備走塁コーチだった木村拓也さんから教えてもらった一言だった。

【写真】「たまたま会いましたー!」 西武山川が巨人坂本と撮った奇跡の2ショットを公開しファン興奮

4月7日。木村さんが亡くなって10年が経過した。桜の季節が来ると、あの優しい笑顔がよみがえってくる。当時、プロ4年目だった若者は、気が付けば指導者になっていた。学んだことは今でも生かされている。

木村さんの現役最終年だった2009年。主に遊撃を守っていた寺内監督はセカンドの守備の難しさを感じていた。

「僕はほとんどショートしかやっていなかったので、動き方がちょっとぎこちないというか、難しいなと思っていたんです。でも、キムタクさんに『セカンドって、ショートの間逆だよ』と言われたときに、ピースがはまったというか、すべての動きを反対にすればいいんだ!というように解釈しました。すごくやりやすくなりましたし、セカンドの動きが身に付きました」

併殺の取り方や、送球の部分で新しい発見があった。聞いたことに関して、全てを答えてくれた。とにかく優しかった。一緒に食事を何度もさせてもらった。「僕にとってすごく勉強になる時間」だった。

当時、まだ若手だった寺内監督の目に映る木村さんは「献身的」の一言に尽きる、尊敬の念を抱いていた。ベテランでも大きな声を出す姿、率先して動く姿は全員のお手本だった。

あの緊急捕手誕生の瞬間もそうだった。

スポンサーリンク

元巨人・寺内崇幸 回想に関連するWiki情報

木村 拓也(きむら たくや、1972年4月15日 - 2010年4月7日)は、宮崎県宮崎郡田野町(現:宮崎市)出身のプロ野球選手(内野手・外野手・捕手、右投両打)、コーチ。
愛称は「キムタク」。

 

ふむふむ・・・

元巨人・寺内崇幸 回想について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

元巨人・寺内崇幸 回想についての世間の反応

2009年は日本一になったが監督がこの年のベストゲームに捕手キムタクを挙げてた
選手自らが先に動いて危機をカバーしたのでチームが強くなったと実感したと語ってた
あの時にキムタクは3人の投手をリードして無失点に抑えて引き分けに持ち込めた

カープファンだけど、拓也をチームの構想外だとして、首を切ったブラウンのセンスの無さに愕然とした。
だけど、巨人のチームやファンにあれほど愛されて、本当に嬉しかった。

ヤクルトファンの私としては「やられた方」なんですがあの場面(捕手キムタク)は抑えろ!と思ってみてました(笑)個人的に好きな選手でしたしまだ子どもだった私にはとても格好よく見えました。
元々捕手だったことも知らなかったので素直に「スゲー!」て見てましたね。

この時の事、今でも鮮明に覚えています。
めちゃくちゃ胸熱になったなぁ。

「セカンドの木村拓也がキャッチャー」
ウグイス嬢のコールされた時の
東京ドームの大歓声を思い出すなぁ
野間口投手の名前しか書かれて無いけど
あの時一人で3人の投手をリードしてたんだよな
元西武の豊田清投手、元ロッテの藤田宗一投手
本格的に捕手やってない中であれだけしっかりリード出来てたって
当時見てて痺れたわ
解説の山本浩二さんも絶賛してたし

あの日の事を忘れられる訳がない。
キャッチャーマスク被ってポジションに着いた木村拓哉の姿を今も目蓋に焼き付いてる。
あの日からワタシの中で背番号0は心の中の永久欠番になりました。
巨人のユニフォームで背番号0が一番似合うのは木村拓哉の他には居ない。
ちょっとYouTubeで探して観てこよ。

元ジャイアンツの寺内氏が木村拓也氏の思い出を語ってて、思わず読みました!
どちらも良い選手だった!
木村拓也氏はユーティリティーになる事で、色々と努力をされた素晴らしい選手。
亡くなられた今でもファンの心に強く残り続ける名選手だと思ってる。

あのシ―ンはテレビ観戦でしたが今でもはっきり覚えてます!
最後の打者を三振にした球がミットにビシッと収まった時に納得してうなずきながらキャッチングした姿が脳裏に焼き付いてる!

今でも、定期的にYouTubeで見てしまう。
抑えた後に、原監督がキムタクを迎えて背中をたたくシーンでいつも号泣しています。

この頃の控えの選手達はチャンスは少なかった分、起用された時の自分の役割をしっかりやってたね。
それに比べたら今の若手はこの当時の控えの人たちの倍以上チャンスもらえてるのに誰も出てこないね。原さんからしたら不甲斐なくうつるよね。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.