伊集院光 三遊亭円楽がヤバイ!?

今話題になっているキーワード、伊集院光 三遊亭円楽に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

伊集院光 三遊亭円楽が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

伊集院光 三遊亭円楽についてのニュース記事

元落語家でタレントの伊集院光が5日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」で、落語に再び挑むと語った。ゲスト出演した落語家時代の師匠・六代目三遊亭円楽からの勧めを受けたもので、師匠からは二人会の開催も持ち掛けられた。

伊集院が芸の道に進んだのは、落語家として、楽太郎時代の円楽に弟子入りしたのが最初で、三遊亭楽大(さんゆうてい・らくだい)という高座名だった。その後、別名義の伊集院光として「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)でブレーク。ラジオを中心に活躍の場を広げる中で、落語からは離れ、楽大の高座名も、今は別の落語家が名乗っている。しかし、師弟関係は継続しており、たびたび伊集院の番組に円楽がゲスト出演し、伊集院も「師匠」と円楽を呼んでいる。

5月5日の「伊集院光とらじおと」のゲストコーナーに円楽は収録で出演した。その最後に「お前も(落語を)やれよ」と促された伊集院は「もし、自分が稽古してきたら聞いてくれますか」と反応。円楽も「いいよいいよ。聞かなくたって分かるよ。やってたし、聞いてる人は。できるできる。十分」と背中を押した。

これに伊集院は「じゃ、どっかでやります。僕、落語やります。頑張ってやりますので。それこそ、(現在の)楽大くんの(真打ち昇進の)披露目のやり直しとか、そういう機会でもあれば。1回、じゃあ、高座を…」と落語再挑戦を語った。

さらに、伊集院が円楽に対して、「僕の立場から言うと、師匠が元気でやっていいということだけが全てだから」と申し出ると、円楽は「じゃあ、このコロナ騒動が終わって落ち着いたら、二人会やろう」と提案。伊集院は「ぜひ…でも、分かりました。よろしくお願いします」と恐縮しながら語った。

「二人会」とは文字通り2人の落語家がネタをかける落語会で、師弟2人が行う場合は「親子会」と呼ばれる。ラジオファンや、落語ファンにとって、新型コロナウイルスのまん延が落ち着いてから、という“コロナ後”の楽しみの一つとなりそうだ。

スポンサーリンク

伊集院光 三遊亭円楽に関連するWiki情報

伊集院 光(いじゅういん ひかる、男性、1967年(昭和42年)11月7日 - )は、日本のお笑いタレント、ラジオパーソナリティ、俳優、評論家、元落語家。本名: 篠岡 建(しのおか けん)、旧姓:田中(たなか)。東京都荒川区西尾久出身。文京区在住。妻は元タレントの篠岡美佳。
東京都立足立新田高等学校中退。星企画から、フリーランスを経て、現在はホリプロに所属。

 

ふむふむ・・・

伊集院光 三遊亭円楽について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

伊集院光 三遊亭円楽についての世間の反応

東京国際フォーラム、いや、武道館でやらないと落選祭りになるのは確実。
伊集院光さんの名アシスタント、竹内香苗さんの本当のナイス『アシスト』が無ければ、この話は出なかったと思います。
そして竹内さんが伊集院光さんのラジオで若い頃から鍛えられ、伊集院光さんを知り尽くしてるからこそ出た質問だと感じました。
伊集院光で出るのか?先代三遊亭楽大で出るのか?当代楽大師匠が真打になったから前者で出るのかな?

NHKでの教養番組での活躍など、この人の知的な部分は多いに認めつつも、やはり深夜番組での下品さも知っていながら、それでも色んな意味でメディアを背負う人であることは認めたいと思う。

リアルタイムでラジオとを聴いていました。
前座噺の「道灌」でも、二つ目噺の「愛宕山」
でも、落語好きな俳優の風間杜夫さんのように
真打に相応しい人情噺でも、現在の伊集院光さん
ならば充分にこなせると思います。

伊集院さんはラジオパーソナリティとして地位を築いてるし、無理してまでやることはないと思うが、二つ目まで昇進したほどの心得はあるからやればできると思う

ラジオの一人しゃべりで、のってくるとほんとすごいんですよ、この人は。
滅多にないけど、聞いてるこちらも(もちろん本人も)トリップするんですから。
コロナ明けが楽しみになるって言うのがいいですね。

伊集院さんが昔Podcastで言ってた
『剃毛屋』という創作落語を、是非ともおねがいします。

ジャパニーズ ラップの先駆者でもあった

神田伯山はどう思っているのかが気になる。

オペラネタが無い事になってる。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.