京都新聞杯 結果が衝撃的でヤバイ!?

今話題になっているキーワード、京都新聞杯 結果に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

京都新聞杯 結果が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

京都新聞杯 結果についてのニュース記事

5月9日の京都11Rで行われた第68回京都新聞杯(GII、3歳オープン、芝・外2200メートル、13頭立て、1着賞金=5400万円)は、和田竜二騎手騎乗の4番人気ディープボンド(牡、栗東・大久保龍志厩舎)が中団追走から直線一気の伸び脚を見せ先頭でゴール。皐月賞10着からの巻き返しに成功し、重賞初制覇。タイムは2分11秒7(良)。

クビ差の2着にはマンオブスピリット(3番人気)、さらに1馬身半差遅れた3着にファルコニア(2番人気)が入った。なお、断然の1番人気に支持されたアドマイヤビルゴは直線伸びず4着に沈んだ。

◆和田竜二騎手(1着 ディープボンド)「スタートさえ決まればと思っていたので、強い馬を見ながらいいところで競馬ができました。皐月賞を使ってのレースでしたが、力をつけているなという感じがあった。流れもよかったですし、しぶとい脚が使えることはわかっていたので、並んだところで大丈夫だなと思いました。(ダービーにむけて)デビュー前から期待していました。相手は強くなるが、さらに成長してくれれば」

スポンサーリンク

京都新聞杯 結果に関連するWiki情報

京都新聞杯(きょうとしんぶんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。
京都新聞は、京都府京都市に本社を置く新聞社。同社より寄贈賞の提供を受けている。
正賞は京都新聞杯。

 

ふむふむ・・・

京都新聞杯 結果について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

京都新聞杯 結果についての世間の反応

キズナ産駒がダービーに出れると胸アツですね!
是非とも頑張ってほしい!!
いかに皐月賞組が強いか思い知らされたレースでもある……

新興勢力を期待してたけど京都も東京も皐月賞惨敗の馬が勝っちゃうんだから、
ダービーは皐月賞の上位組かね、やっぱり。

ダービーでは中団でコントレイルの先導役になるだろうな。
キズナ産駒は短距離~中長距離、芝、ダート問わず幅が広い。種付け値段も上がりそう。

和田騎手、おめでとうございます!!これで2015年以来のダービー出走になりますかね。
コントレイルやサリオスが強いのはわかっていますが何が起こるかわからないのが競馬!そして運が大事なダービー!!
出走権があるんですもん!期待しています(o^^o)

ダービーで皐月賞上位組を逆転するのは難しいけど、ここを勝ったなら秋には期待できる。今の菊花賞は京都適正と折り合い次第だから。

これでダービーはサリオスが距離がもたなかったってならない限りは皐月上位組で決まることになってしまったな。新興勢力がいない以上サリオスが距離もたなかったらコントレイルの独壇場になってしまう。

東京も皐月賞勝負にならなかった馬がかった、ダービーは皐月賞の1.2着のどちらかが勝つだろうな。

和田竜二、悲願のダービー制覇に向けて一歩前進。出ない事には勝ちもないからな。

やはりダービーは皐月賞組の方が強いだろう。別路線組にそれを上回る素質馬はいない。

皐月賞2桁着順だった馬が京都、東京のメインを制した。皐月賞上位(コントレイルとサリオスは特に)の強さは飛び抜けている。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.