三菱 14万台リコールが衝撃的でヤバイ!?

今話題になっているキーワード、三菱 14万台リコールに関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

三菱 14万台リコールが話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

三菱 14万台リコールについてのニュース記事

三菱自動車は4月16日、『eK』『eKスペース』および日産『デイズ』『ルークス』のエンジン制御装置(ECU)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2019年3月13日から2020年3月28日に製造された14万0682台。

関連画像を見る

対象車両は、エンジンECUにて、発電機の制御ロジックが不適切なため、バッテリーの充電率が低い状態で、冷機始動直後の走行や長い下り坂を走行した場合、エンジンの負圧が低下する場合がある。そのためブレーキ倍力装置への負圧供給が不足して、最悪の場合、ブレーキペダルの操作力が増大し、制動停止距離が長くなるおそれがある。

改善措置として、全車両、エンジンECUの制御プログラムを対策仕様に書き替える。

不具合は17件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

 

ふむふむ・・・

三菱 14万台リコールについて、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

三菱 14万台リコールについての世間の反応

販売・登録(軽自動車なので、届け出)の台数は日産デイズの方がだいぶ多いと思いますが、記事を読んでいるとミツビシのek
がリコールのメイン車種のような書き方に思えるのですが・・・。

三菱はリコール隠蔽の常習メーカーだから、この時点でリコールになったのは、日産が親会社になったからでしょうか。
ホンダの先代フィットみたいに年に何回もリコールされるのも問題だけど、隠蔽されず、リコールになったことはよかったです。

このタイミングで14万人動かす機会を作ったのは辛い。
非常事態でディーラーは動かず危険な状態が改善できないのも辛い。

エンジンは、ルノー製です。
今回の事も心配ですけど、耐久性が心配です。
今の国産車は、10年・10万キロは、ノントラブルは当たり前です。例え軽四でもです。
ルノーのエンジンは、大丈夫かな?

今回リコール対象のEKワゴンは日産が企画、開発を担当している。
さすがは技術の日産ですね。

このまえトヨタもブレーキのリコールやってたけど
ブレーキだけはマジでほんま頼むよ進まないのは死なない事多いけど
止まれないと死んじゃうよ

事故起きて、ブレーキが効かなくて!!と言っても誰も信用してくれないだろうな!!

見出しワロタ。悪意があるね。
日産デイズ/三菱eKワゴンの順じゃね?

三菱、日産、かつての隠蔽企業だな!まあ、今回は発表しただけよしとしよう。いくら車のできがよくてもなあ

こんな時期にリコール。。大変ですね。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.