レムデシビル 5月承認が・・・ヤバイ!?

今話題になっているキーワード、レムデシビル 5月承認に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

レムデシビル 5月承認が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

レムデシビル 5月承認についてのニュース記事

安倍晋三首相は27日、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「レムデシビル」について「間もなく薬事承認が可能となる」と明らかにした。政府関係者によると、海外での承認などを条件に審査の手続きを簡略化する「特例承認」を適用し、5月にも利用可能にする。国内で最初の新型コロナ治療薬となる見通しだ。

政府は近く欧米で承認されるとみており、企業からの申請があれば手続きを進める。レムデシビルを巡っては、欧米やアジアの各国が参加する国際的な臨床試験(治験)が進んでいる。重症患者を対象にした治験の結果が4月末にまとまるという。

 

ふむふむ・・・

レムデシビル 5月承認について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

レムデシビル 5月承認についての世間の反応

特例承認はこれまでにない思い切った決断で評価します。アビガンも妊婦さんを除けば、インフルに対してとは言えほぼ安全性は確認されているので、思い切った承認手続きを検討すべき。正式な治療薬やワクチンがない以上、ベターな選択だと思います。重症者にレムデシベル、中等症~軽症者にアビガンを標準化して、あとは個々の患者さんに合わせて判断していけばいいと思う。

これは朗報。
このままの状態だと収まるのに一年以上かかる見方もあるらしいのでアビガンと共に本格的に市井にでまわることになるといいと思います

政府関係者によると、海外での承認などを条件に審査の手続きを簡略化する「特例承認」を適用し、5月にも利用可能にする

軽傷者にはアビガン、重傷者にはレムデジビルという体制が整えば安心感が違う
ただし、前提は十分なPCR検査をすること

早期に治療薬が承認されるのは大変素晴らしいこと。
日本のみが早急に認可すれば、アメリカの圧力がー!って言う人も出てきそうですが、今回はどうやら欧米に続いての認可になりそうなのも良い。

レムデシビルってエボラ出血熱の治療薬として開発された薬だったと思うけど、新型コロナにも効くって、二つのウィルスは似ているって事?だとすると、新型コロナウィルスの変異が怖いね。薬があるって言うのは精神的には気が楽だけど、じゃあ大丈夫って油断しなきゃ良いけど…

重症の患者さんに使える薬が少ないですからね。

アビガンは6月みたいだが、もう適応外で妊婦さんなどの禁忌の患者さん以外で使える患者さんには使う。ただ、今のままの推移なら、適応されても調整は入るかはっきりしてほしい。
レムデシビルも使えても、日本で生産出来るならいいが、輸入ならまずこないだろう。

これで軽症者にはアビガン、重症者にはレムデシビルという二本の矢で戦える。レムデシビルはまだ一か八かの要素はあるがそれでも希望があるだけ良い。

あれえ〜アメリカでは、効果なかったと違うか!簡単に容認するな、日本にはアビガン、オルベスコも有る、其れの投与も効果あったはず!こちらを認めるのが先だろう!すでに喘息患者に使用、アビガンもウイルスの薬で使用している!

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.