レムデシビル 承認の件がヤバイってマジ!?

今話題になっているキーワード、レムデシビル 承認に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

レムデシビル 承認が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

レムデシビル 承認についてのニュース記事

新型コロナウイルス感染症の治療薬として、抗ウイルス薬「レムデシビル」が7日、承認されました。通常であれば、医薬品の承認申請から実際に承認されるまでには1年程度を要するとされていますが、今回は医薬品医療機器法の「特例承認」と呼ばれる制度を使って、申請からわずか3日というスピード承認となりました。この特例承認とはいったいどのような制度なのでしょうか。

 

ふむふむ・・・

レムデシビル 承認について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

レムデシビル 承認についての世間の反応

いまだ治験中にも関わらず、レムデシビルの効果があるとしたアメリカになびいただけのこと。

規制当局の肩を持つ気はありませんが、
重篤かつ必要な対象患者数の絶対数が少いことも、万一の薬害での補償のハードルが低くなることが判断の一つとなっている可能性があります。

過去の薬剤AIDSの事件もあるし、本当に厚生労働省は大丈夫なの、アメリカに忖度したい気持ちもわかるが、もし副作用で被害が出たときに、厚生労働省は責任を持てるのか?また予見は不可能だったと言い分けるするのではないのか。

レムデシビル投与された患者の五十人ぐらいの中の十数人から多臓器不全、敗血症、腎機能障害などの副作用がみられたとのことです。(NHKより)
統計データとしては少ないので断定はできませんが、副作用が20%ぐらいでる恐れのある薬と考えた方がいいでしょうね。

アビガンは有意差がでない以上は副作用面もあるし、本来の新型インフルエンザの前に安易に新型コロナくらいで使わなくてよい。
エボラなんて日本でそんなに流行るわけないので、レムデシビルを新型コロナに流用するのもわかる。でも薬価高いと思う。
それよりも副作用が少ないイベルメクチンをさっさと承認して使えばよい。薬価が安いし安全性が高いので効果あればラッキー。ダメ元で使用してもよいのでは?それが緊急事態宣言の利用だと思う。

アメリカへのポイント稼ぎも兼ねてのことだな…。
副作用も強いみたいだし、アビガンの治験と並行して世界的に効果が確認されてる副作用のないイベルメクチンの治験と承認を急いだ方がいいような気がする。

重症な患者に使用するだけ。
これで改善するんならいい。
だけど当然副作用はある。
それを差し置いてもコロナ治療薬として承認したのは厚労省も相当な覚悟なんだろうな。

そう言えばアベノマスクってどうなったんですかね?未だに届いてないし、ニュースになるのは謎の会社に発注してたとかそっち方面にすり替わってるし。とりあえずは平等に配って欲しいけど。

アビガンは催奇形の副作用があるのがひっかかる。
情弱はすぐにアビガンも承認しろとうるさいな。
第二のサリドマイドにしないためにもよく吟味すべきこと。
アザラシ肢症みたいなのが増える世の中になったらどうする?

命を守るためといえば聞こえが良いけど、
承認のタイミングとしては早すぎるのでは。
副作用の問題もかなりあると聞くのに大丈夫なの?

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.