リー・フィエロ 死去について・・・

今話題になっているキーワード、リー・フィエロ 死去に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

リー・フィエロ 死去が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

リー・フィエロ 死去についてのニュース記事

スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『JAWS/ジョーズ』(1975)でキントナー夫人を演じた女優のリー・フィエロさんが、新型コロナウイルスによる合併症で死去した。91歳だった。地元紙ザ・マーサズ・ヴィニヤード・タイムズが報じた。

リー・フィエロさん出演『JAWS/ジョーズ』フォトギャラリー

『JAWS/ジョーズ』のロケ地である米マサチューセッツ州マーサズ・ヴィニヤード島の演劇講師で、芸術監督でもあったリーさん。同作でリーさんが演じたキントナー夫人は、ホオジロザメの2番目の犠牲者であるアレックス少年の母だ。悲しみに暮れる彼女が、ブロディ署長(ロイ・シャイダー)を責めて平手打ちを食らわせるシーンは多くの映画ファンの記憶に残っているはず。『ジョーズ'87/復讐篇』(1987)にも同役で再登場していた。

スポンサーリンク

リー・フィエロ 死去に関連するWiki情報

『ジョーズ』(Jaws)は、スティーヴン・スピルバーグ監督による1975年のアメリカ映画。原作は1974年に出版されたピーター・ベンチリーによる同題の小説(日本では早川書房から1975年に刊行 ASIN B000J953D6)。
平和なビーチを襲う巨大人食い鮫(ホオジロザメ)の恐怖と、それに立ち向う人々を描いた作品である。スリラー映画、ホラー映画、パニック映画など様々なジャンル分けがなされる。スティーヴン・スピルバーグの名前を全世界に浸透させた一作である。スピルバーグの作品では珍しく子供が死ぬ描写がある。
第48回アカデミー賞で作曲賞、音響賞、編集賞を受賞した。
商標権で保護されており、公式の案内では「ジョーズ®」と®マークが記載されている。

 

ふむふむ・・・

リー・フィエロ 死去について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

リー・フィエロ 死去についての世間の反応

ジョーズは日本に落とす原爆を運んだって自慢する船長に萎えたな
あれで普通の娯楽作品として見れなくなった

高齢者はこれにかかると本当に怖い。日本も老人ホームとかに入ってこないことを祈る。
緊急事態宣言でコロナ疎開や大規模な冠婚葬祭抑えられれば、いいけど。高齢者はかかるとマジやばい。

市長役が、安倍首相?

ジョーズの作中で子供の年齢の割に年増なお母さんだなという印象があったが、何度か見返して、妊活の末やっと授かった息子さんが、サメに殺されてしまうという状況を想像すると署長にビンタをする気持ちが痛いほどわかるようになった。

シャーク作品はアサイラム!

新型コロナは死にゆく人々の運命を変えてるよな?
志村けんもコロナがなければ5,6年 あるいはもっと生きてただろうし

次のモンスターパニック映画のタイトル決定

なんつうかさ
亡くなったのは気の毒だと思うけど、ぶっちゃけ
有名な映画に端役で出演してただけの人を
こういう取り上げ方するのって
「また有名人がコロナで死んだ!!」
って騒ぎたい意図が透けて見えて不快。

確かサメの脅威を市長?に訴えたにもかかわらず
行政や観光 収益の都合でもみ消され被害が拡大した。

皮肉なものだ。
ホオジロザメの襲来という危機が明白なのにも関わらず、
行政側から観光の収益に影響するからと警報を出せなかった
ロイシャイダー演じる警察署長を引っぱたいた犠牲者の母親は
今でも強く印象に残ってる。
コロナもまた人間の都合と欲望で犠牲を拡大した。
時は流れても人間の愚かさは結局変わらないという事か。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.