マドンナ コロナ陽性の件がヤバイってマジ!?

今話題になっているキーワード、マドンナ コロナ陽性に関連する情報をまとめみました!

 

それでは早速、

マドンナ コロナ陽性が話題になるきっかけとなった記事の内容を見てみましょう。

 

こちらが話題の元になっているヤフー記事です。

スポンサーリンク

マドンナ コロナ陽性についてのニュース記事

米歌手マドンナ(61)が4月30日、新型コロナウイルスの抗体検査を受けて陽性だったことを公表した。

【写真】発言に批判が殺到したマドンナ

「検査を受けて抗体があることが分かった。だから明日はロングドライブに出かけて、窓を開けて息を吸うわ。新型コロナウイルスの空気をね」と語るインスタグラムで動画を公開した。

抗体検査で陽性反応が出たということは、新型コロナウイルスに過去に感染していたことになり、「明日は別の日になる。目が覚めたら、違った風に感じると思う」と語っている。

世界保健機関(WHO)は抗体を持つ人が再び感染しないという証拠はなく、再感染する可能性もあると警告している。抗体検査をいつ受けたのかや、受けた理由などは明かしていない。マドンナは新型コロナウイルス感染拡大について、「金持ちだろうと有名人だろうと関係なく感染する。平等をもたらすのは素晴らしい」とSNSで語って炎上していた。

スポンサーリンク

マドンナ コロナ陽性に関連するWiki情報

マドンナ・ルイーズ・ヴェロニカ・チッコーネ(本名:Madonna Louise Ciccone、1958年8月16日 - )は、アメリカ合衆国の音楽家。歌手、女優、作曲家、ダンサー、ギタリスト、映画監督、文筆家、実業家など、活動は多岐にわたる。
世界で最も成功を収めた女性音楽家であり、史上最も売れたアーティストの一人。一般的に「クイーン・オブ・ポップ」と称される。
1980年代前半にニューヨークの盛り場からデビューを果たし、ミュージック・ビデオという新たな表現方法を存分に取り入れた革新的なダンス音楽と、過激で性的な写象で国内外で爆発的な人気を獲得した。その後は時代に合わせて自身のスタイルを次々と変化させてゆき、現在に至るまでポップ・ミュージック界の重鎮として存在感を示している。後年の活動は音楽に留まらず、音楽出版会社の設立や、映画や舞台への出演、児童書の執筆や映画監督なども行っている。
作品の売上枚数は2億7000万から3億枚以上とされ、『ギネス・ワールド・レコーズ』において「全世界で最も売れた女性レコーディング・アーティスト」そして「史上最も成功した女性アーティスト」として認定されている 。米国タイム誌の「過去1世紀で最も影響力を持つ25人の女性」に選出。また、VH1「音楽界で最も偉大な女性アーティスト」で第1位 、ローリング・ストーン誌「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」で第36位、ビルボード誌「チャート史上最も成功したトップ100のアーティスト」で第2位を獲得。2008年にはロックの殿堂入りを果たしている。
代表曲に『ホリデイ』『ライク・ア・ヴァージン』『マテリアル・ガール』『イントゥ・ザ・グルーヴ』『パパ・ドント・プリーチ』『ラ・イスラ・ボニータ〜美しき島』『ライク・ア・プレイヤー』『エクスプレス・ユアセルフ』『ヴォーグ』『レイ・オブ・ライト』『ミュージック』『ダイ・アナザー・デイ』『ハング・アップ』『フォー・ミニッツ』など。

 

ふむふむ・・・

マドンナ コロナ陽性について、世間の反応はどんな感じか気になりますね?見てみましょう。

スポンサーリンク

マドンナ コロナ陽性についての世間の反応

抗体検査を外出の免罪符と誤解する記事にならんか?
抗体があれば感染しないという根拠はないんですよ
再感染の可能性や、もしくは抗体ができても体内にウィルスが潜んでいる可能性を否定できないんだから

意図が分からないところもあるけど、辛く不安に思ってる人たちの気持ちを乱すようなことにならないで欲しい。たとえ誤解だとしても。

安全バイアスと言うか、多くの人は抗体があれば罹らない、罹っても重症化しないと思いそうだ。記事では中和抗体なのか、抗体価がどうかもわからないので何とも言えないが、一度罹って快復した事は喜んで良いにしても、もう少しコロナの抗体について詳細がわかるまでは慎重に構えた方が良いと思う。

英国で差別問題になるって言ってた話を有名人がモロにやるとは…。
免疫パスポートは合理的でも机上の空論。非感染者は自粛して損する。
海外は首都封鎖状態なのに、免罪符を持ったように歩き回れば…。
そんなんで、実現してない。疫学調査って断ってる。

あかんな
記事ももう少し明確に批判したらいい
抗体検査を今有効利用しようとするなら
規制解除の政治的判断の参考とするのと、感染医療の最前線に送り込む人材の選別以外になく、それも不確実性を考慮したリスク判断のもと実施される
マドンナの行動は決して今は容認されてならない

マドンナの発言は影響力が大きいので、米国と世界を撹乱するので、客観的医学的根拠に基づいて発言してほしい。抗体陽性者と陰性者の間で分断される。

抗体検査の精度ってどれぐらいなの?
偽陽性もあり得るのでは?
そもそも再感染しない確証もないんだからどちらにせよ浅はかだわ。
わざわざ世間に向けて発信するあたりがね。

その抗体検査の精度はいかに。過去に似たウィルスの感染によって出来た抗体が検査で反応しただけかもしれません。症状が出ない人がいるのはそういう人たちなのかもしれません。

抗体があっても感染しないとは限らないし検査が正確とも限らないのにこういう考えの人が多く出ると思う
終息するまで社会活動再開へ一定の指標を得るために検査を進めても結果は本人に通達しない方がいいのでは?

抗体検査の問題は、本人はよくとも(抗体が守ってくれるとして)ステルス感染者になって、ウィルスを運ぶ感染拡大の役割を果たしてしまうこと。

 

-未分類

Copyright© HONDA`S BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.